日刊サイゾー トップ > 社会  > 突然死した旧友を、笑って実況中継

“人民総カメラマン時代”……同窓会の最中に突然死した旧友を、笑って実況中継

いきなり気を失い、床に倒れた女性

 カメラ機能が付いたスマホの普及により、誰もが目の前で起こった事件を撮影して、ネット上にアップできる時代。特に中国では、町中でも頻繁にトラブルが発生することから、さまざまな映像が拡散されている。

 そんな“人民総カメラマン時代”の中国、目の前で何かが起こると、それがどんなに深刻なことかも判断せずに、撮影してネットにアップするしか考えない人も出てきているようだ。

 6月下旬、吉林省にある中学校を38年前に卒業した人たちの同窓会が開かれたのだが、参加した一人の女性がマイクを持ってスピーチをしていたところ、いきなり意識を失い、その場に倒れた。

 床に大の字になって倒れている女性の脈を誰かが測ってみると、すでに死亡していた。それでも、スピーチ前から行われていたスマホ撮影は終わらない。撮影していた男性は笑いながら「同級生がくたばっちまった。心臓に病気があったのかもしれない」などとカメラに向かって話している。

自撮りしながら半笑いで状況を説明する男性
テーブルに座って食べ続ける人も

 そのカメラが周囲を映すと、テーブルでは黙々と料理を食べている人までいる。同級生が目の前で亡くなったにもかかわらず、みんなあまりにも淡々としていた。

 これを見た中国のネット民は、いい年をした中年男女たちの態度にあぜんとするばかり。

「同窓会だろ? 旧友が死んだのに、これはなんだ!?」

「この人たちには良心というものがないのか?」

「こんな時に、よく飯を食ってられるな。感心するよ」

 同級生の死を撮影して、しかもそれをネットにアップする無神経さ。スマホもSNSも便利なツールではあるが、ネットリテラシーだけは、しっかりと持っていたいものだ。

(文=佐久間賢三)

最終更新:2018/07/02 14:17
関連キーワード

“人民総カメラマン時代”……同窓会の最中に突然死した旧友を、笑って実況中継のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『鬼滅の刃』はジブリ超え大ヒットになるか?

アニメ映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の興収が公開10日間で100億円突破で『千と千尋の神隠し』超え!?
写真
人気連載

『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』レビュー

「この映画は大音量で上映すべし」  ...…
写真
インタビュー

『i 新聞記者』森達也がぶっちゃけ

 国境なき記者団が発表する世界180カ国・地域を対象とした「報道の自由度ランキング」...
写真