痛いよ!

犯人の目的は一体……? 強盗被害のインド人男性、肛門にタンブラーを挿入される

ラムディンさんの腹部から摘出されたタンブラー

 猟奇的なシリアルキラーの中には、自らの犯行を誇示するように、あえて現場になんらかの痕跡を残す者も少なくない。とはいえ、このたびインドで発生した強盗事件の犯人の行動は不可解極まりない。

 地元紙「インディアン・エクスプレス」などによると、ウッタル・プラデーシュ州の医療系大学で警備員として働くラムディンさん(62歳)は6月末、自宅で強盗の集団に襲われた。彼らに暴行を受けたラムディンさんは、襲撃の最中に意識を失ってしまう。

 猛烈な腹痛とともに意識を取り戻したラムディンさんは、バイクを売却して得たばかりの現金5万ルピー(約8万円)が消えていることに気づく。警察に強盗被害については届けたが、腹痛については放置していたという。

 その後、10日たっても症状が改善しないことから、ようやく同州の工業都市、カーンプル・シティの病院を訪れて腹部のX線写真を撮影したところ、腸内に金属製のタンブラー(飲料用カップ)がとどまっていることが判明したのだった。

X線写真

 ラムディンさんの主治医は話す。

「彼は、肛門から膿を垂れ流しながら病院にやって来た。腹部のタンブラーは肛門から挿入され、直腸にとどまっていた。暴漢の襲撃後、彼は意識を失ったので、何をされたか覚えていないと言っている」

 タウナギや徳利、ゴルフボールなどの異物を自ら肛門に挿入し、病院で治療を受ける者は中国などでも数多く報告されている。しかし、強盗事件で犯人に異物挿入されたという例はあまり聞かない。

 タンブラーの摘出も、困難を極めたようだ。

「初めは肛門から引っこ抜こうと1時間ほど試行錯誤したが、ダメだった。そこで開腹手術を行い、摘出した」

 こうして出てきたタンブラーは、350mlの飲料缶の直径はありそうな広口タイプ。無理やりとはいえ、こんなものがよく肛門に入ったものだと感心してしまう大きさだ。

 しかし、意識を失った被害者の肛門にタンブラーを挿入して立ち去るという犯人らの行動の目的はなんだったのか? 謎は深まるばかりだ……。

最終更新:2018/07/13 21:00
こんな記事も読まれています
関連キーワード

犯人の目的は一体……? 強盗被害のインド人男性、肛門にタンブラーを挿入されるのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

進次郎をダメにした記者と永田町

今週の注目記事・第1位「菅原一秀経産相『秘書給...…
写真
インタビュー

宮島英紀の「どりこの」発掘ルポ

 我々が生きている現在は、過去の歴史の結果として存在している。小学校から大学まで続く...
写真