日刊サイゾー トップ > カルチャー  > エロコスが世界市場へ!! 

エロコスは世界市場へ!! 世界には、どエロいレイヤーとサービスが既に存在している

※イメージ画像

 今年も、灼熱の中で開催される夏のコミックマーケットが近づいている。熱中症をものともせずに駆けつける人々が求めるものは無数。その中でも、数は決して多くはないものの、強烈な存在感を放つのはエロコスプレイヤーだろう。

 見えそうで見えない、ギリギリを追求するエロレイヤーはいまや当たり前の存在になった。彼女たちは、日々Twitterなどで、“美味しい”写真を更新。さまざまなイベントや通販で「エロコスROM」を販売したり、オフ会に撮影会と励んでいる。

 でも、いつの間にか、このジャンルも海外に進出しているのを知っているだろうか? TwitterやInstagramなどでは、エロエロな衣装に身を包んだ写真をアップする外国人レイヤーが増えているのだ。中には「erocosplay」と、自らラベリングするレイヤーも。

 彼女らは、主に英語で発信をしているからだろうか。ファンはワールドワイドに広がっているようだ。

「ものすごくわかっているエロ衣装を身につけているレイヤーがいたので、DMでいろいろと話しかけてみたこともあるのですが、だいたいは強烈なオタク娘です。海外で得られる限られた情報で、あんなエロい姿を晒していると思うと感慨深いですね……」(コスプレマニア)

 特筆すべきは、彼女らがエロコスで稼ぐシステムを日本よりも確立している点だ。その多くは、パトロンプラットフォームの定番である「patreon」を使用している。日本では、絵師が数多く使っている「pixiv FANBOX」などが、それだ。

 これ、覗いてみると日本よりもはるかにシステムが出来上がっている。だいたい、どのレイヤーも毎月5ドルくらいからスタート。支援者限定のコスプレ写真が見られるなどのサービスが受けられる。

 でも、驚くのは、その上限。毎月60ドルとか100ドルで、直筆の手紙でお礼も、ならばまだわかる。中には毎月500ドル支援してくれたら、好きなコス衣装を身につけて、ビデオチャット。揚げ句に、要望通りのポーズで撮影しますなんてサービスも。

 500ドル。すなわち、だいたい日本円で5万円くらい払って、自分のためだけのエロいコス写真が出来上がる。うん、5万円はあまり高くない!!

 そこまでサービスが徹底しているのは、やはりステージが世界規模になっているから。エロレイヤーのみなさん。もう、日本だけでROM売ってる場合じゃないぞ!!
(文=是枝了以)

最終更新:2018/07/21 18:00
こんな記事も読まれています

エロコスは世界市場へ!! 世界には、どエロいレイヤーとサービスが既に存在しているのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

多部未華子のユーモアと愛嬌

 10月1日、”多部ちゃん”こと多部未華子が...…
写真
インタビュー

足立正生が語る、若松孝二(後編)

【前編はこちらから】  インディーズ映画界の巨匠・若松孝二監督と「若松プロ」に集まっ...
写真