日刊サイゾー トップ > 芸能  > 浜崎あゆみ、確信犯か

浜崎あゆみ“クセがすごい”バックコーラス再び! 話題作りのための確信犯か?

浜崎と医大生(当時)の元夫。彼女の外国人好きは有名だが……

 7月25日放送の『2018 FNSうたの夏まつり』(フジテレビ系)に出演した浜崎あゆみバックダンサーが、“クセがすごい!”と話題になっている。

 浜崎はこの日、むちむちボディにデニム生地のミニスカワンピ、ロングブーツという姿で往年のヒット曲「BLUE BIRD」と「Greatful days」を披露。最近では、テレビ出演するたびに激太りや整形疑惑、歌唱力低下など、その劣化ぶりばかりが話題になる浜崎だが、今回は違った。浜崎の右後ろでバックコーラスを務める白い衣装の3人組――このうちの1人が、どうも様子がおかしいのだ。

 視聴者もその異変に気づいたようで、SNS上では「後ろの人が気になって気になって 歌が入ってこない」「後ろの人の個性強い」「なんだこの人」といった声が飛び交った。

 左右の女性に挟まれ、金髪のロングヘアに乳首丸出しのレオタード姿で踊るこの男性、実は今年4月の『CDTV 25周年SP』(TBS系)にも出演、乳首にハートマークをつけた奇抜な姿が話題になっていた。

 彼の名はティム・ウェラード(38)、通称ティミーといい、日本で活動するイギリス出身のミュージシャン・俳優。「BRILLANTE」をはじめ、浜崎の楽曲で作詞を担当したり、長年、あゆのバックコーラスを務めており、ファンにはよく知られた存在。俳優としては、2010年のNHK大河ドラマ『龍馬伝』にグラバー役として出演するなど、素顔はかなりのイケメンだ。

「4月の『CDTV』出演時もティミーさんの存在はかなり話題になりましたが、エゴサーチ好きの浜崎さんもそのことは周知のはず。近年の浜崎さんの人気凋落ぶりは火を見るより明らかで、大阪北部地震や西日本豪雨の被災者にエールを送っては叩かれ、LGBTを応援しては叩かれ、すっかり嫌われキャラに成り下がってしましました。とはいえ、今年はデビュー20周年のアニバーサリーイヤー。ティミーさんを使って、少しでも話題作りしたい、という思惑があったのでは?」(芸能記者)

 浜崎は8月15日にニューアルバムを発売、10月からは全国ツアーを開催するが、東京公演が中野サンプラザとなっているのをはじめ、全体的に会場のキャパがさらに小さくなっている感は否めない。

 20周年という節目の年、ティミーとのコラボで新たなキャラを確立するのも手かもしれない。

最終更新:2018/07/28 17:34
こんな記事も読まれています

浜崎あゆみ“クセがすごい”バックコーラス再び! 話題作りのための確信犯か?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

エルトン・ジョン自伝映画

 人気ロックスター、エルトン・ジョンの半生を...…
写真
インタビュー

東京五輪ボラ問題、なぜ報じない?

 東京五輪・パラリンピックの開催まで、あと2年を切った。56年ぶり2度目の開催にマス...
写真