日刊サイゾー トップ > 芸能  > 剛力が懲りずに恋人アピール!

剛力彩芽が懲りずに恋人アピール!「全削除からの反省はなんだったの?」と疑問の声

剛力彩芽 Instagram(@ayame_goriki_official)より

 7月29日、女優の剛力彩芽が自身のインスタグラムを更新し、交際相手であるスタートトゥデイ社長・前澤友作氏の写真を投稿した。今月24日にインスタの投稿をすべて削除していた剛力だけに、ネット上からは「なんのために全削除したのやら……」と疑問の声が上がっている。

 剛力は船の上で寝ている前澤氏の1ショットを、「お仕事が毎日大変そうな彼。少しでも支えになれたらいいなっ。だからこそ私も成長していかなきゃ」とのコメントと共にアップ。さらに、インスタの画像を削除したことについて「環境も気持ちも今までとは変わったのでInstagramもゼロから挑戦したいと思ったのが理由です」「炎上したからとか彼を連想させる投稿をしたから、消したということではありません」と説明した。

「剛力と前澤氏といえば、今月16日にお互いのSNSでサッカーW杯決勝戦を現地で生観戦したことを報告して話題になったばかり。剛力はこの投稿後、写真を全削除して『私の投稿やコメントで応援してくださっている皆さまに、ご心配をおかけしてしまい申し訳ありません』と謝罪するに至っています。当時のネット上には、交際で浮かれている2人に冷ややかな声が上がっていました。しかし、剛力はめげずに前澤氏の写真をアップ。今回の投稿には『懲りてないね…。全削除からの反省はなんだったの?』『なんかますます酷くパワーアップしてる』『もう全国民を敵に回しても、何とも思わないぐらい別世界なんだろうな』といった声が上がっています」(芸能ライター)

 2人がW杯決勝戦の写真をアップした時、ナインティナインの岡村隆史は「ファンを第一に考えた方がいいような気がする」と発言。また、おぎやはぎの矢作兼は「あのはしゃいでいる感じが出てしまうと、女優さんとしては得ではない」と苦言を呈していた。

「30日に放送された『とくダネ!』(フジテレビ系)では、社会学者の古市憲寿氏が今回の投稿に『メディアがこぞって剛力さんのことを取り上げたことって、これまでなかったですよね?』『無理矢理やったことはあっても、これだけ好き好んでやったことは珍しい』と皮肉の効いたコメントを繰り出しました。ネット上には2人のラブラブアピールに呆れ返る人も多く、『もうガッカリです。勝手にやってろ…』『こんなにわかりやすくお花畑になる芸能人は初めて見た』『浮かれ過ぎて周りが見えてないよね。もう好きにしてくださいとしか言えない』などの声が続出中です」(同)

 25日に剛力と前澤氏は、「SNSは引き続きマイペースに利用することにしました」「正解はないと思いますが、どうせなら楽しく発信したいです。それが私たちの考えです」と“共同声明”を発表していた。「別れたら完全に黒歴史」との声も多いが、2人の恋がどのように発展していくのか見守っていきたい。

最終更新:2018/07/30 15:00
こんな記事も読まれています

剛力彩芽が懲りずに恋人アピール!「全削除からの反省はなんだったの?」と疑問の声のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

嵐・二宮結婚に、他メンバーも続く!?

活動休止を待たず、結婚を発表した二宮。気になる他メンバーの動向は?
写真
人気連載

中東紛争を題材にした傑作映画

 笑ってはいけないシチュエーションほど、...…
写真
インタビュー

30代サブカル男に父性は芽生える?

 イクメンという言葉はもはや陳腐化し、男性が育児参加するのは当たり前という風潮が高ま...
写真