日刊サイゾー トップ > 海外 > 社会(トンデモ)  > 中国人富裕層「予防接種」に熱視線

“ワクチンパニック”で、中国人富裕層が日本での「予防接種」に熱視線!

日本弁護士会「非正規滞在外国人に対する行政サービス」より一部抜粋

 ブランドの限定品からドラッグストアの市販薬まで、中国人観光客による爆買いが話題になって久しいが、近い将来「爆接種」が流行語となるかもしれない。

 なんと今度は、“予防接種”に熱い視線が向けられているというのだ。きっかけは7月22日に発覚した、中国の薬品メーカー「長春長生生物科技」によるワクチンの不正製造。同社が生産した、百日咳、ジフテリア、破傷風三種混合ワクチンが検査の結果、品質基準を満たしておらず、生産停止に加え、罰金などの処分が下されたのだが、同ワクチンはすでに数十万人の子どもたちに対して使用されており、中国全土を震撼させた。

 中国では過去、偽ワクチンや偽クスリ事件などが発生していることもあり、今回の一件で人民のたまりにたまった不信感が大爆発。SNS上ではこの話題で持ち切りとなったが、そんな中、急拡散されたのが「日本に子どもを連れていけば、予防接種を受けられる」というもの。これらの投稿には“根拠”として、画像資料もつけられていた。

 その資料というのは、日本弁護士連合会がネット上で2年半前に公開している「非正規滞在外国人に対する行政サービス」というもの。全6ページからなり、4ページ目に「在留資格のない外国人でも定期の予防接種を受けることができます」という説明がある。そのページに中国語訳をつけて画像としていたわけだ。

 しかし、この資料、続きをよく読むと「もっとも、自治体によっては、在留資格のない外国人について、このような定期の予防接種を受けさせない取扱いにしている場合も考えられます」とある。ここまでSNS上で紹介しているならまだしも、この続きの箇所を省いてしまったがために、まるで「日本に行けば、外国人であっても予防接種を受けられる」と誤解させるような形で拡散されてしまっているのだ。

 ここ数年、日本の医療保険の仕組みの穴をついて、格安で中国人の重病患者が増えているが、今回の一件で、ワクチン接種を受けたいがために訪日する中国人が増える可能性は大いにある。その結果、必要な時期にワクチンの数が足りなくなるという事態も考えられが、果たして日本の各自治体は、どのような対策を取るのだろうか?

最終更新:2018/08/02 14:00

“ワクチンパニック”で、中国人富裕層が日本での「予防接種」に熱視線!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

「女子メンタル」峯岸みなみの攻防と彼女たちの“物語”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

西寺郷太が提唱!ノートの書き方

NONA REEVESのソングライター、ボーカリストとして活躍するだけでなく、マイケル・...
写真