日刊サイゾー トップ > 芸能  > Koki,起用で“ブルガリ不買宣言”が

Koki,起用で女性たちが“ブルガリ不買宣言”!?「親の14光」「ゴリ押し半端ないって」

Koki,のインスタグラム(@kokiofficial_0205)より

 話題の人物の起用は「逆効果」かもしれない!?

 木村拓哉と工藤静香の次女、Koki,が8月10日から日本初、世界最年少でブルガリのアンバサダーに就任することが発表された。

 Koki,は「イタリアを代表する世界的なハイジュエラーであるブルガリのアンバサダーに就任する事を大変光栄に思います」「温かく迎えてくださるブルガリ ファミリーの一員として、精一杯チャレンジを続けて行きたいと思います」と決意を語っている。

 しかし、彼女は5月にデビューしたばかりの新人モデル。誰がどう見ても、本人の実力とは思えないために、世間の反応も冷たい。

「母親の工藤が以前、ブルガリの300万円のスネークの金時計を着けていましたし、ブルガリにしてみればKoki,は上客の娘なのでしょう。それにしてもKoki,は、マダム層に好まれるブルガリを身に着けるには子どもすぎて違和感しかありません。そのため、女性が集まる掲示板では『静香のゴリ押し半端ないって』『親の14光』『ほかの頑張っているモデルたちは悔しいだろうな』と反感コメントで埋め尽くされています」(女性誌編集者)

 Koki,以上にイメージダウンになっているのが、彼女を起用したブルガリだ。ネット上では「ブルガリも堕ちたなぁ」「この子がブルガリの何を身に着けていても欲しいと思えない」と辛らつな意見が並び、中には「ブルガリ持つのが恥ずかしくなった」「気に入らないモデル使ってるときは、買わないようにしてる」と“不買宣言”まで飛び出す始末だ。

「16年にはティファニーとコラボした武井咲主演のドラマ『せいせいするほど、愛してる』(TBS系)が放送されています。しかし、不倫を描いた内容だったため、女性視聴者からのクレームが殺到。視聴率も7%台(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と爆死し、ティファニーにとってはイメージダウンにしかなりませんでした。Koki,への逆風は、この時以上のように感じます」(芸能記者)

 Koki,が世の中に登場した際には、世間も絶賛や応援の声であふれていたが、この3カ月でここまで風向きが変わっていたとは、ブルガリも読み切れなかったようだ。

最終更新:2018/08/11 08:00

Koki,起用で女性たちが“ブルガリ不買宣言”!?「親の14光」「ゴリ押し半端ないって」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

注目作が目白押しの秋ドラマ

大作、話題作、ダークホース……注目作が目白押しの秋ドラマをチェック!
写真
人気連載

東出昌大、再びイメージどん底も…

 ベテラン芸能リポーターの城下尊之氏が、とか...…
写真
インタビュー

Kダブ語るトランプ「忖度しない型破りな政策」

 パート1では、Kダブシャインがトランプを支持するまでの経緯を見たが、本稿ではさらに...
写真