日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > ズバッと芸能人  > 大橋未歩が封印した”あの過去”
ズバッと!芸能人

旬はとっくに過ぎたはずが……元テレ東・大橋未歩「あの過去」を抹消し、異例のブレーク中!

■39歳、驚異の転身

 また、39歳の転身は異例のことだ。現在活躍しているフリーの女子アナの、退社したときの年齢を列挙すると、

高橋真麻(元フジテレビ/31歳で退社)

田中みな実(元TBS/27歳で退社)

川田裕美(元読売テレビ/31歳で退社)

加藤綾子(元フジテレビ/31歳で退社)

と、やはり30前後で身の振り方を考えている。高橋のようにフジテレビ時代を不遇なまま過ごし、フリーになったというパターンは珍しいが、ほかはだいたい、自分の「旬」を見極めて決断している。しかし大橋アナは、局アナ時代に一度人気が出た、だいぶあとの転身だ。

 そんな「出遅れ感」を自覚しているのか、彼女は収録の2時間前には局に入り、台本をチェック。業界の先輩やプロデューサーに挨拶回りをするなど、努力を欠かさないのだとか。

 また、自らの武器でもある「テレ東の元アナウンサー」という肩書も切り売りする。「フジテレビの女子アナとは、ベンツ1台分、お給料が違うといわれていた」といった格差や、日テレのロビーにあるテレビモニターには日テレの番組が流れているのに対し、テレ東のロビーでは「他局の番組がバンバン流れていた」など社風の違いも告白し、周囲の笑いを誘っている。

 さらに、10歳下のテレ東社員の夫との私生活も、求められるがままに話している。なんでも、夫は少し“変わり者”で、ビニール袋の中にiPadや財布などを入れて通勤しているらしい。また彼からは「おばさん」と呼ばれ、彼女自身も「母性を持て余している」そう。

 さらに『1周回って知らない話』では、週2でやっているというホットヨガで自慢のボディを披露するなど、男性ファンをちょくちょく喜ばせる。

 そんなサービス精神旺盛な大橋アナだが、唯一、語らない過去がある。それが、プロ野球・日本ハムの城石憲之・現打撃コーチとの結婚、そして離婚だ。城石氏とは、彼が東京ヤクルトスワローズ時代に知り合い、ゴールイン。だが、8年後の2015年に離婚、その1年後、先のテレ東社員との再婚を発表している。

 大橋は13年に軽度の脳梗塞と診断され、約7カ月半の休養を余儀なくされた。現在も元気でいられる裏には、元夫・城石氏の献身的な看病があったといわれている。視聴者の中には、そんな恩があるにもかかわらず、彼を捨てたような形で離婚し、わずか1年で再婚した「不義理な女性」として、いぶかしげな目で見る者もいる。そして、そうした過去を語らない彼女に、さらに憤る者も一定数はいる。

 それでも彼女は一切口をつぐんでいる。それが覚悟なのか、逃げなのかはわからない。だが、一度局を飛び出した身である。人生の局面としては、すでに逃げ場はない。フリー女子アナ戦国時代の中、不退転の決意で、どこまで突き進むのだろうか?

(文=都築雄一郎)

◆「ズバッと!芸能人」過去記事はこちらから◆

最終更新:2018/09/06 10:18
12
こんな記事も読まれています

旬はとっくに過ぎたはずが……元テレ東・大橋未歩「あの過去」を抹消し、異例のブレーク中!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

嵐・二宮結婚に、他メンバーも続く!?

活動休止を待たず、結婚を発表した二宮。気になる他メンバーの動向は?
写真
人気連載

ゆるふわ系殺し屋マンガ2選

『ゴルゴ13』『シティーハンター』『クライン...…
写真
インタビュー

英語のプロに聞く、英語学習法

「日本人は英語が苦手」とよく言われる。英語の教材を買ったり、英語教室の門を叩いたもの...
写真