日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > ズバッと芸能人  > 大橋未歩が封印した”あの過去”
ズバッと!芸能人

旬はとっくに過ぎたはずが……元テレ東・大橋未歩「あの過去」を抹消し、異例のブレーク中!

大橋未歩アナ

どうしてあのタレントは人気なのか? なぜ、あんなにテレビに出ているのか? その理由を、業界目線でズバッと斬る「ズバッと芸能人」。

 今回取り上げるのは、大橋未歩アナウンサーだ。今月15日に40歳の誕生日を迎えた、不惑の女だ。

 そんな彼女は昨年12月、15年勤めたテレビ東京を退社。その後はフリーアナとして活躍中で、特に今年後半の伸びは目覚ましい。確認できるだけでも、

5月23日『1周回って知らない話』(日本テレビ系)

5月23日『水トク!世界超絶映像ハンター』(TBS系)

6月8日『土曜プレミアム・ネタパレTHEゴールデン~いま見たい!!最強の旬ネタSP~』(フジテレビ系)

6月11日『痛快TV スカッとジャパン』(同)

6月17日『ワイドナショー』(同)

7月2日『スッキリ』(日本テレビ系)

7月7日『なにわの名曲 紅白歌合戦』(テレビ大阪)

7月7日『大橋未歩 七夕ラジオ』(ニッポン放送)

7月22日『ワイドナショー』(フジテレビ系)

7月26日『カミングアウトバラエティ!! 秘密のケンミンSHOW』(日本テレビ系)

8月3日『金曜プレミアム・出川哲朗の病院の歩き方』(フジテレビ系)

8月4日『メレンゲの気持ち』(日本テレビ系)

と露出は拡大中だ。さらに5月からは『有田哲平の夢なら醒めないで』(TBS系)の司会としてもレギュラー登板している。

■躍進に導いた2つの番組

 この活躍の秘密はどこにあるのか? まず注目されたのは、4月22日にゲスト出演したトーク番組『誰だって波瀾爆笑』(日本テレビ系)で、8.1%(ビデオリサーチ調べ、関東)と、まずまずの視聴率を残したことが挙げられる。フリーアナを単体のゲストで扱うのはあまりないこの番組で、90分丸々大橋で、これだけの数字が出たのだ。さらに、6月に初出演した『ワイドナショー』で、ダウンタウン松本人志から「完全にホステス気質。膝の上に手を置いてくるパターン」などとイジられたことで、取り扱いのお手本ができた。業界人は、起用するための説得材料が欲しい。この2つの番組によって、大橋をキャスティングする者が増えたのだ。

■フリー転身直後はマイナススタートだった

 だが、テレ東時代はともかく、フリーに転身した直後は、「今さらなぜ?」との感が否めなかった。業界の中では、失礼な言い方だが、大橋は旬が過ぎたと思われていたからだ。

 退職する直前は、「テレビ東京の報道局が初めて手掛ける本格的な朝の情報番組」として始まった『チャージ730!』のメインキャスターに抜擢された。だが、裏番組には『めざましテレビ』(フジテレビ系)や『ZIP!』(日本テレビ系)など、強力なライバルが控えていた。案の定というべきか、初回は0.4%という記録的な低視聴率を喫した。1年後、リニューアルされる形で再出発した『モーニングチャージ!(のちMORNING CHARGE)』も同じく振るわず、わずか2年で大橋は「朝の顔」から退場した。


12
こんな記事も読まれています

旬はとっくに過ぎたはずが……元テレ東・大橋未歩「あの過去」を抹消し、異例のブレーク中!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

韓国版「東武WS」の廃墟感

 ソウル市のお隣・富川(プチョン)市にある、...…
写真
インタビュー

巷で話題「港区女子」の実態とは!?

ここ数年、まるでバブルのような存在感でその名を轟かせている「港区女子」。生息地は主に港区...…
写真