日刊サイゾー トップ > 芸能  > 嵐・二宮に続き、櫻井もキムラーに?

嵐・二宮和也、“ざっくり木村拓哉化”に続き、櫻井翔もキムラーの仲間入り?

「Johnny’s net」より

 今月24日より全国公開予定の映画『検察側の罪人』のイベントが20日に行われ、主演を務める木村拓哉と、共演者の嵐・二宮和也が登壇。この日の二宮の衣装が全て、木村拓哉からのもらい物だということが明かされ、「さすが、センスがいい!」「ニノ(二宮の愛称)にしては妙にお洒落だと思ったけど、そういうことか」などと、ファンの間で納得の声が広まった。

 自他ともに私服のセンスが“ダサい”ことで知られる二宮だが、この日はボタニカル柄のジャケットとスーツでビシッとキメ、「上も下も全部もらったやつ。だから、木村拓哉です。ザックリ言うと」と発言し、会場内の笑いを誘った。

「二宮の私服に関しては、17日に放送されたバラエティ番組『ぴったんこカン・カンスペシャル』(TBS系)において、白Tシャツ&ショートパンツ、サンダルというスタイルが披露され、木村から、『健康ランドの帰りみたい』とダメ出しをくらった経緯がありました。その際、誕生日に木村から、『死ぬほど服をもらった』と語っていましたが、かつてはそのファッションをマネする“キムラー”と呼ばれるファンが現れるなど、センス抜群の木村の影響を受け、二宮も少しずつ意識改革されている様子ですね」(芸能関係者)

 同番組では、木村によるファッション・コーディネートが実施され、二宮の魅力が数倍増しに。これを見た、同じく嵐のメンバー・櫻井翔のファンからも、スタイリング企画を要望する声が集まった。

「パーカーの上にパーカーを重ね着するなど、二宮に輪をかけて“ダサい”と評判の櫻井。レギュラーを務めるバラエティ番組『櫻井・有吉 THE夜会』(TBS系)ではすっかり鉄板ネタ化し、MCの有吉弘行からイジられて笑いに転換できるというメリットはあるものの、国民的な人気を誇るアイドルグループ・嵐の一員なだけに、二宮のように“キムラー化”を期待する声は少なくないようですね」(同)

 初共演となった映画の撮影について振り返った二宮は、「プロ野球選手に一緒に混じってプレーしている感じ」と表現し、俳優としての木村の偉大さを語った。ファッションだけでなく仕事においても今後、木村から受けた好影響が見られることだろう。

最終更新:2018/08/21 22:30
こんな記事も読まれています

嵐・二宮和也、“ざっくり木村拓哉化”に続き、櫻井翔もキムラーの仲間入り?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

超絶ストイックな『クマ撃ちの女』

 毎年この時期になると、たびたび報じられる「...…
写真
インタビュー

毒舌婚活ブログ”中の人”に聞く

「ブログなんてもう古い、時代はnoteだ――」  そんな声がにわかに高まりだした20...
写真