日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 女優の花道  > 松本穂香がユーチューバーに
ドラマ評論家・成馬零一の「女優の花道」

”平成最後の夏”は松本穂香の夏! 『このせか』すずと真逆の”眼帯ユーチューバー”を怪演

FLaMme公式サイトより

 松本穂香の勢いが止まらない。現在、彼女の主演ドラマが2本も展開されている。

 1本は、TBS系の「日曜劇場」枠 で放送されている『この世界の片隅に』。舞台は終戦間近の広島。松本が演じるのは、呉市にある北条家に嫁入りしたすずだ。戦況が悪化し、原爆投下が間近に迫る中、それでもすずは自分たちの日常をけなげに生きている。その姿は今の私たちと変わらない。

 原作はこうの史代の同名漫画(双葉社)。2016年に片渕須直が監督したアニメ映画は、今もロングランが続いているヒット作だ。

 アニメーションの力で戦時中の風景や生活を精密に再現した映画版と比べた時、実写映像ではどれだけCGを使ってもロケーションの面での限界がある。そのため、ドラマ版はビジュアルではなく、連続ドラマならではの尺の長さを生かした会話劇を見せることで人物の 掘り下げる方向に向かっており、漫画や映画とは違った新たな魅力を見せている。

 脚本は『ちゅらさん』『おひさま』『ひよっこ』と過去に3本の連続テレビ小説を手がけた岡田惠和。脇役にも松坂桃李、尾野真千子、伊藤沙莉、土村芳、宮本信子といった近年の朝ドラに出演した役者を積極的に起用しており、さながら「夜の朝ドラ」とでもいうような面白さとなっている。 

 アニメ映画ですずの声を当てたのが、『あまちゃん』で主演を務めたのん(能年玲奈)だったことを考えると、もともと『この世界の片隅に』は、朝ドラ的な作品だったのだろう。

 ドラマ版ですずを演じる松本も、昨年、岡田が手がけた『ひよっこ』に出演し、福島からラジオ工場で働くために上京してきた青天目(なばため) 澄子を演じている。おかっぱに眼鏡の澄子はおっとりした性格で、食べることと寝ることが大好き。一緒に働く女の子たちの中では、マスコットキャラクター的な存在だ。澄子を演じたことで、松本は一気に注目された。

 澄子のおっとりとした性格は、どこかすずとも重なる。そしてすずにも、澄子と同じように、おっとりした中に強い芯のようなものがある。


123
こんな記事も読まれています

”平成最後の夏”は松本穂香の夏! 『このせか』すずと真逆の”眼帯ユーチューバー”を怪演のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

“コント職人”ラバーガールの現在地

『エンタの神様』(日本テレビ系)などで知られるコント師・ラバーガールが、2年連続で全国...
写真