日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 女優の花道  > 松本穂香がユーチューバーに
ドラマ評論家・成馬零一の「女優の花道」

”平成最後の夏”は松本穂香の夏! 『このせか』すずと真逆の”眼帯ユーチューバー”を怪演

 タイトルのアスアブとは宇宙的(アストラル)に異端(アブノーマル)という意味。ユーチューバーのキャッチフレーズである「好きなことをして生きる」を提唱するララは、すずと比べるとはるかに自由だが、過疎化した田舎町には自分の居場所がなく浮き上がっている。

 現在、全17話中、11話が終わったところだが、痛々しい青春ドラマにもブラックコメディにも見える。まだ全貌はわからないが、財政破綻まっしぐらの地方都市で生きるララの鬱屈と孤独だけは激しく伝わってくる。

 ララは目が据わっていて、ドスの利いた声で攻撃的なしゃべり方をする。片目を眼帯で覆い、意味のわからないことを口走っている危ない女で、おっとりとした口調でしゃべり周囲から愛される澄子やすずとは真逆のヒロインだ。

 コンパクトな作品だが、だからこそ松本の表現力の豊かさを堪能できる”問題作”である。追い詰められたララがどうなるのか、目が離せない。

『この世界の片隅に』と『♯アスアブ鈴木』、テレビとYouTubeという真逆の世界を横断することで、松本は女優として振り幅の広さを見せており、今後、さらなる飛躍が期待される。

 平成最後の夏は、松本穂香の夏として記憶されるだろう。

(文=成馬零一)

 

最終更新:2018/08/22 14:28
123

”平成最後の夏”は松本穂香の夏! 『このせか』すずと真逆の”眼帯ユーチューバー”を怪演のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

「サイゾー筋トレ部」始動!

腹筋インストラクター・腹筋王子カツオさんが、自宅でできる簡単筋トレを紹介!
写真
人気連載

架空経費は絶対にバレるのでご注意

 確定申告の季節です。みなさんは、「クロヨン...…
写真
インタビュー

からし蓮根がたどり着いた熊本弁漫才

2画面左からボケの伊織とツッコミの杉本青空(撮影=荒熊流星)  ついに明日、今年のNo....
写真