日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース > 社会(トンデモ)  > 中国が米でプロパガンダ放送?

中国人投資家がメキシコのラジオ局を買収 米カリフォルニア州住民60万人に“プロパガンダ放送”か

イメージ画像(足成より)

 一党独裁の下、言論統制が敷かれる中国だが、同国のメディアコントロールは国内だけにとどまらない。近年、各国メディアには多額のチャイナマネーが流入しており、中国によるプロパガンダに利用される危険性が指摘されている。今年、米ロサンゼルス・タイムズ紙やサンディエゴ・ユニオン・トリビューン紙が中国系の投資家に買収されたが、その背後にも中国政府の存在があることが指摘されている。

 そんな中、中国系投資会社、H&Hキャピタルパートナーズによるメキシコのラジオ局買収事案にも疑惑の目が向けられている。

 同社が買収したXEWWAM 690は、アメリカとの国境の街、ティファナを拠点にするラジオ局だが、ロサンゼルス郊外にも支局を持ち、南カリフォルニアとアメリカ南西部に約60万人の聴取者を抱えている。そんなラジオ局を買収する真の目的は、アメリカでの世論操作にあるのではないかとの懸念が持ち上がっているのだ。

 H&Hキャピタルパートナーズはニューヨークを拠点に、中国系米国人女性、ヴィヴィアン・フー氏が率いる投資会社だが、中国とは切っても切れない関係にある。

 例えば同社はカリフォルニア州アーウィンデールのオフィスを、香港の中国政府寄りである放送局、フェニックス TVと共有している。さらに、同社のシニアアドバイザーには、中国テレビ局の著名総合司会者が名を連ねているのだ。

 ちなみにフェニックス TVは、2013年にやはり南カリフォルニアの別のラジオ局の買収を進めていたが、中国による米国内での世論操作の危険性があることを懸念する米当局が阻止している。

 一度は買収に失敗したフェニックスTVが、投資会社を隠れみのにラジオ局を手中に収めた――というわけなのだろうか。前出のフー代表は、「この買収は完全に当社が単独で行ったもの」として、フェニックス TVの関与を否定しているが、カリフォルニアの地で、中国の国歌「義勇軍行進曲」が毎朝鳴り響くようになる時も近いのかもしれない……。

最終更新:2018/08/22 21:00
こんな記事も読まれています
関連キーワード

中国人投資家がメキシコのラジオ局を買収 米カリフォルニア州住民60万人に“プロパガンダ放送”かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

エルトン・ジョン自伝映画

 人気ロックスター、エルトン・ジョンの半生を...…
写真
インタビュー

誤報と偽ニュースの狭間に【後編】

(前編はこちら)  作家・塩田武士が上梓した『歪んだ波紋』は、ネットによって無秩序に広...
写真