日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > フジ“格下”テレ東からパクる

フジテレビが「バスタ企画」でテレ東『家、ついて』を完コピ!? “格下”からパクるモラルのなさ

フジテレビ公式Twitter(@fujitv)より

 19日に『ニチファミ!』(フジテレビ系)で放送された「密着!バスタ新宿でワケあり旅人に便乗してみました。」が物議を醸している。この企画がテレビ東京の人気番組『家、ついて行ってイイですか?』のパクリではないかと言われているのだ。

 確かに、道行く一般人に声をかけ、その場で取材許可をもらうスタイルは一緒である。苦労話、感動話、笑える話など人生の悲喜こもごもを聞くコンセプトも一緒だ。番組を紹介したフジテレビのウェブサイトには約9カ月にわたってバスタを密着取材し8,000人以上に声をかけたとある。だが、ネット上の反応をみると「『家~』のパクリだし、掘り下げ方が甘すぎる」「これBPO案件だろ」といった声が聞こえてくる。

「テレビ番組はどうしても、似たような番組ができてしまうことはあります。特に最近多いのは教養系のクイズ番組で同じ問題が出題されるといったものですね。ただ意図的なパクりは、テレビの作り手としてはやってはいけない禁じ手です。法的な問題というよりはモラルの次元ですね」(業界関係者)

 フジテレビは昨今、視聴率面で不調とはいえ、テレビ東京よりは格上の局である。フジが格下のテレ東の企画をパクるのはいかがなものだろうか。さらにフジには“前科”もある。

「お笑い色を排した2017年の「27時間テレビ」で池上彰を迎えてビートたけしと村上信吾が現代史を振り返る企画は、テレ東の池上特番の焼き直しといわれました。『めちゃイケ』や『みなおか』が得意としたパロディ企画は、元ネタへのリスペクトが感じられますが、最近のこれらの企画はアイデアをゼロから考える努力を放棄していると言わざるを得ません」(同)

 テレビ番組作りの根幹にある「アイディア」すら枯渇しているのが、フジテレビのお寒い現状なのかもしれない。
(文=平田宏利)

最終更新:2018/08/24 23:00
こんな記事も読まれています

フジテレビが「バスタ企画」でテレ東『家、ついて』を完コピ!? “格下”からパクるモラルのなさのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

岡村がビビる松本をイジる若手

テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週(...…
写真
インタビュー

井上淳一が語る、若松孝二の功罪

 そこはまさに“夢の砦”だった。ピンク映画『甘い罠』(65)で映画界に殴り込んだ若松...
写真