日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 吉岡里帆が田中圭と井浦新を手玉に?

『健康で文化的な最低限度の生活』魔性の女・吉岡里帆、か弱さをチラつかせ田中圭と井浦新を手玉に?

 実際、これまでクール・キャラだったハズの京極が、何やらモジモジした様子でえみるをランチに誘うシーンもありました。島岡への扶養照会を強引に命じたことへの謝罪、が目的だったのですが、何かもう下心アリアリにしか見えません。終盤、雷の暴走を阻止するため病院へ駆けつけた時も、えみるに対する、「お前を守りに来たぜ!」というアピールに思えて仕方ありませんでした。

 マイペースな半田はまだしも、京極のように普段は冷徹ぶってる男ほど、か弱さを演出して精神的に寄りかかってくる(フリをする)タイプに弱いのかもしれませんね。

 しかし、こういうタイプの女性はすべからく同性から敵視されやすく、それを演じる吉岡の好感度も高いとはいえないだけに、低空飛行が続く視聴率はこの先、一体どうなってしまうのでしょうか。打ち切りが現実的な問題になってきたように思います。

 えみるのキャラクター云々を抜きにストーリーだけを考慮しても、視聴者を引き付ける魅力には乏しいと言わざるを得ません。フラット状態の中、たまにポコポコと小さな山場があるだけで、ちっとも感情移入できないんですね。

 加えて今回は特に、暗めのお話となってしまいました。島岡が過去に雷から性的虐待を受けていたことを知ったえみるが、「重いです。重くて重くて身動きがとれません」と、京極に訴える場面がありましたが、このセリフ、多くの視聴者の胸の内を代弁していたのではないでしょうか。

 まぁ、生活保護問題を主軸に置いている時点で、そうなることは予測していましたけど、重たいテーマであっても見せ方次第ではいくらでも面白くなります。次回、AKB48時代とは打って変わり、才女役にチャレンジしている川栄李奈がメインの回になるということで、ここで流れを変えることができるか注目したいと思います。
(文=大羽鴨乃)

最終更新:2018/08/22 20:00
12

『健康で文化的な最低限度の生活』魔性の女・吉岡里帆、か弱さをチラつかせ田中圭と井浦新を手玉に?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

小室圭さん母の元婚約者が最後の“賭け”?

今週の注目記事・第1位「後援者2500人パー...…
写真
インタビュー

アンタッチャブル柴田が語る漫才

 お笑い第7世代と呼ばれる若手芸人たちが次々と登場する今、「ブレイク前夜」の闇の中に...
写真