日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 吉岡里帆が田中圭と井浦新を手玉に?

『健康で文化的な最低限度の生活』魔性の女・吉岡里帆、か弱さをチラつかせ田中圭と井浦新を手玉に?

フジテレビ系『健康で文化的な最低限度の生活』番組公式サイトより

 吉岡里帆が新人ケースワーカー役で主演を務めるドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』(フジテレビ系)の第6話が21日に放送され、平均視聴率4.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。2週連続で、打ち切りのデッドラインといわれる5%を切ってしまいました。

(前回までのレビューはこちらから)

 今回も前回に引き続き、鬱病を抱えて働けず、生活保護受給を申請中の島岡光(佐野岳)がメイン。父・雷(小市慢太郎)に対して何やら恐怖心を抱いている様子の島岡は、前回終盤、その雷が上京したことを知り、半狂乱状態に陥り自殺未遂を起こしてしまったのです。

 危うく自殺者を出すところだった……。事態を重く見た福祉生活課の係長・京極大輝(田中圭)は、島岡を担当する義経えみる(吉岡)をはじめ、課員を集めて緊急会議を行います。

 そこで前回、島岡を父親に会わせるのは早急すぎると主張し、京極と対立したケースワーカーの半田明伸(井浦新)が、「命を守れなければ、生活保護は一体何のためにあるのか」と、島岡を全力で守るよう、皆を鼓舞します。

 そして、扶養照会を押し進めたことに責任を感じた京極とともに、えみるは島岡が入院する病院を訪問。そこで医師から、島岡が幼少期に雷から性的虐待を受け、PTSD(心的外傷後ストレス障害)を抱えていることを知らされ、大きなショックを受けてしまいます。

 その帰り道、島岡を手助けする自信を失ったえみるは、「私、これ以上背負いきれません」と、京極に対して弱気な姿を見せます。また、別の日には、「何でこんな使えないんだろう、私って」と、半田に対して落胆する姿を見せるのでした。

 そんな中、雷が京極の名刺を使い、島岡のいる病室へ強行突破を図ろうとする事態が起きます。報せを受けたえみるは病院へ直行し、雷を阻止しようとするものの、力ではかないません。と、そこへ京極が駆けつけ、建造物侵入罪と公務執行妨害をタテに即刻引き返すよう命じ、雷が折れたことで収束します。

 さらに、親子関係に問題アリと認められたことで、生活保護受給の申請が通った島岡から、えみるは感謝の意を伝えられます。ケースワーカーとしての喜びと自信を取り戻したところで、今回は終了となりました。

 さて感想。前回、島岡の扶養照会の是非をめぐり、京極と半田が中途半端に対立する流れとなりましたが、結局、大して盛り上がりもせぬまま終了といった感じになりました。ひねくれた見方をすれば、仕事上の対立ではなく、若い子(えみる)にイイところを見せたい中年2人の意地の争い、という構図にも見えたんですよね。

 そんな2人の心を弄ぶかのように、わざわざ2人きりになったところで、目をウルウルと潤ませ、仕事上の悩みを打ち明けるえみる。これ、ズル過ぎます。魔性の女です。ほとんどの男がコロッといっちゃうんじゃないですかね。


12
こんな記事も読まれています

『健康で文化的な最低限度の生活』魔性の女・吉岡里帆、か弱さをチラつかせ田中圭と井浦新を手玉に?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

小泉進次郎、デキ婚で失意の声も

今週の注目記事・第1位「進次郎裏切り<全真相>...…
写真
インタビュー

人力舎の”若手”アンダーパーに注目

 芸歴5年目、なのに全員オーバー30という、人力舎の”若手”トリオコント師「アンダー...
写真