日刊サイゾー トップ > カルチャー > 本・マンガ  > 男たちはなぜ体を売る?

出張ホスト、ウリセンボーイ、ニューハーフヘルス嬢……男たちはなぜ体を売る?

『男娼』(光文社)

「むなしくなるときがあります。お金で出張ホストを買ってむなしくならないのかと世間は女性に言うかもしれないけど、出張ホストもむなしくなるときがあるんです」

 ある出張ホストは、インタビューでこう語る。

 これまで性産業を中心とした記事を執筆してきたフリーライター・中塩智恵子氏の著書『男娼』(光文社)には、出張ホスト、ウリセンボーイ、ニューハーフヘルス嬢と、3種類の「体を売る男」たち10人に対してのインタビューが収められている。その言葉からは、「表」の社会からは決して見ることができない男たちの生きざまが見えてきた。

 48歳、出張ホストとしてのキャリアは13年目。彼は、ホストから転身し、会社経営を行っていたものの、会社をつぶし、金のためにAV男優としてデビュー。その後、個人で出張ホストとしての活動を開始した。絶頂期の月収 は150万円 だったが、現在は20~40万円程度だという。

 男性としてはオイシイ世界に思える「出張ホスト」という職業 。しかし、もちろん性的な快楽を得て簡単にお金が手に入るという、甘いものではない。

「お金をもらうことに責任があると思っているので、この人の願望をどうしたら叶えてあげられるのだろう、どうアプローチしたらいいのだろう。そういうことをずっと考えながら接客をしています」

 では女性側は、一体どのような目的で出張ホストを利用するのだろうか?

 彼の顧客である20~50代半ばまでの女性の中には、主婦や風俗嬢のほか、「高齢処女」の利用も多いという。痴漢やイタズラなどで男性恐怖症になってしまったことから、男性との関係を持たないまま年齢を重ねたという女性も少なくないようだ。

「みんな、なにか理由があるから来るんです。みんな、苦しいから来るわけで、困っているから来るわけで」

 そんな女性たちをカウンセリングするように、彼は、出張ホストとして女性たちの心を解きほぐしている。別の出張ホストは、中塩氏のインタビューに対して「女性の体を濡らすのではなく、心を濡らすもの」と答える。出張ホストの仕事は、決して女性たちの肉欲を満たすばかりではない。

 では、冒頭に引用した出張ホストの感じるむなしさとは何か? 彼の場合、顧客からあっけなく切られた瞬間に、そのむなしさが襲ってくるという。そのむなしさに打ち勝つためにも、彼は出張ホストという仕事に対して、さながら職人のようなプライドを持って仕事をしている。

12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【4月開始の春ドラマ】放送日、視聴率・裏事情・忖度なしレビュー!

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

『オッペンハイマー』を圧倒した『変な家』

 3月15日に公開された間宮祥太朗と佐藤二朗...…
写真
イチオシ記事

バナナマン・設楽が語った「売れ方」の話

 ウエストランド・井口浩之ととろサーモン・久保田かずのぶというお笑い界きっての毒舌芸人2人によるトーク番組『耳の穴かっぽじって聞け!』(テレビ朝日...…
写真