日刊サイゾー トップ > カルチャー >   > 男たちはなぜ体を売る?

出張ホスト、ウリセンボーイ、ニューハーフヘルス嬢……男たちはなぜ体を売る?

『男娼』(光文社)

「むなしくなるときがあります。お金で出張ホストを買ってむなしくならないのかと世間は女性に言うかもしれないけど、出張ホストもむなしくなるときがあるんです」

 ある出張ホストは、インタビューでこう語る。

 これまで性産業を中心とした記事を執筆してきたフリーライター・中塩智恵子氏の著書『男娼』(光文社)には、出張ホスト、ウリセンボーイ、ニューハーフヘルス嬢と、3種類の「体を売る男」たち10人に対してのインタビューが収められている。その言葉からは、「表」の社会からは決して見ることができない男たちの生きざまが見えてきた。

 48歳、出張ホストとしてのキャリアは13年目。彼は、ホストから転身し、会社経営を行っていたものの、会社をつぶし、金のためにAV男優としてデビュー。その後、個人で出張ホストとしての活動を開始した。絶頂期の月収 は150万円 だったが、現在は20~40万円程度だという。

 男性としてはオイシイ世界に思える「出張ホスト」という職業 。しかし、もちろん性的な快楽を得て簡単にお金が手に入るという、甘いものではない。

「お金をもらうことに責任があると思っているので、この人の願望をどうしたら叶えてあげられるのだろう、どうアプローチしたらいいのだろう。そういうことをずっと考えながら接客をしています」

 では女性側は、一体どのような目的で出張ホストを利用するのだろうか?

 彼の顧客である20~50代半ばまでの女性の中には、主婦や風俗嬢のほか、「高齢処女」の利用も多いという。痴漢やイタズラなどで男性恐怖症になってしまったことから、男性との関係を持たないまま年齢を重ねたという女性も少なくないようだ。

「みんな、なにか理由があるから来るんです。みんな、苦しいから来るわけで、困っているから来るわけで」

 そんな女性たちをカウンセリングするように、彼は、出張ホストとして女性たちの心を解きほぐしている。別の出張ホストは、中塩氏のインタビューに対して「女性の体を濡らすのではなく、心を濡らすもの」と答える。出張ホストの仕事は、決して女性たちの肉欲を満たすばかりではない。

 では、冒頭に引用した出張ホストの感じるむなしさとは何か? 彼の場合、顧客からあっけなく切られた瞬間に、そのむなしさが襲ってくるという。そのむなしさに打ち勝つためにも、彼は出張ホストという仕事に対して、さながら職人のようなプライドを持って仕事をしている。


12
こんな記事も読まれています
関連キーワード

出張ホスト、ウリセンボーイ、ニューハーフヘルス嬢……男たちはなぜ体を売る?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

アインシュタイン稲田、今後の課題

 今回取り上げるのは“稲ちゃん”こと、アイン...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(4)

 農林水産省の元事務次官の熊澤英昭容疑者が44歳の長男を殺害した事件では、息子による...
写真