日刊サイゾー トップ > 芸能  > 剛力・前澤、明暗を分けたもの
ITジャーナリストが解説

剛力彩芽と&ZOZO前澤友作氏の”色ボケ”SNS騒動、2人の明暗を分けたのは“信念”だった?

――とはいえ、いい年した地位もお金もあるおっさんが、自己顕示欲が強すぎる……と思ってしまいます。

高橋 確かに、大人からすると、ちょっとイタい感じもしますよね(笑)。とはいえ、今は10代向けの雑誌、「Popteen」(角川春樹事務所)などでは、専属モデルや読モが彼氏と一緒に登場したり、SNSで「彼氏と〇〇に行った」って報告するのが普通なんです。そういうのが、かっこよくて憧れる、堂々としていていい――となるんです。少し前に「MixChannel」という動画共有コミュニティサイトがはやりましたけど、あれもカップル垢を作ってキス動画をアップするとか、そういうのが支持される時代なんです。Twitterのメインユーザーである10代とZOZOのターゲットはかぶるので、前澤さんはそのへんの層にアピールしているんでしょうね。

――前澤氏の悪目立ちが、ZOZOの“客離れ”につながることはないんですか?

高橋 10代の子たちって、“この人のことが嫌いだから、この人がやってるサービス使いません”とはならないんですよ。そんなことは考えてない。ZOZOは品ぞろえがよくて、かわいいものがたくさんある。お金がなくてもツケ払いができるし、一度登録すれば次回からはクリックひとつで買い物できる――。お金がなくても今の欲望を満たしたいという若者たちにフィットしたサービスで、完全に前澤さんとは切り離されているんです。

――ちまたでは「SNSおじさん」なんて言葉もありますが、前澤さんはそれとは少し違う?

高橋 SNSおじさんというのは、強制的に写真を見せられたり、自分に絡んでくるからウザがられるんです。「〇〇ちゃんかわいいね。今度ご飯いこうね」ってLINEで来るとか、「ジムで鍛えました」っておじさんの肉体をFacebookで無理やり見せられるとか。前澤さんは、彼らとは関係のない場所で楽しくやっているだけですからね。


123
こんな記事も読まれています

剛力彩芽と&ZOZO前澤友作氏の”色ボケ”SNS騒動、2人の明暗を分けたのは“信念”だった?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

チケット転売規制法は「国民救済」が目的じゃない! 

 東京オリンピックを視野に6月に施行される「チケット転売規制法」。チケットの高額転売...
写真