日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > TBS&テレ東が“みやぞん潰し”!?

TBS&テレ東が露骨な“みやぞん潰し”!? トライアスロン中継に「アドベンチャーレース」かぶせる妨害

ANZEN漫才・みやぞん

 露骨すぎる“みやぞん潰し”に、視聴者は唖然としたようだ。

 毎年夏恒例の『24時間テレビ』(日本テレビ系)が、今年も8月25~26日に放送され、平均視聴率が15.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録。瞬間最高視聴率は放送終了直前の34.7%だったことがわかった。

 番組の目玉企画といえば、毎年大きな感動を呼ぶ「100キロマラソン」。今年はANZEN漫才・みやぞんが史上初となるトライアスロン形式に挑戦。スイム1.55キロ、バイク(自転車)60.4キロ、ラン100キロを走破した。しかし、視聴者はどうもモヤモヤさせられたようだ。

「今年も含めて5年連続で番組のフィナーレ直前、ほぼ同じ時刻にランナーがゴールしていたことで、またぞろ“時間調整疑惑”が浮上。しかもバイクでは、メイン会場でサンプラザ中野くんが歌う『Runner』のサビ前でみやぞんがゴールしてしまい、みやぞんはなぜか、もう1周“ウィニング・ラン”を始め、画面には『バイク残り400m』との表示が出され“2度目のゴール”となりました。こうした不自然な演出には視聴者も興ざめとなったようです」(テレビ誌ライター)

 実際、昨年の同番組と比較してみると、平均視聴率は3.4ポイント減、瞬間最高視聴率も5.8ポイント減と振るわなかった。

 最近では「視聴率稼ぎ」「障がい者を見世物にしている」「出演者たちの高額ギャラ」が批判の的となっているが、今年はそれに加えて他局による“妨害”もあったという。

「あからさまだったのがTBSです。みやぞんのスイムが終わって、これからバイクがスタートするというタイミングで、人気番組『クレイジージャーニー』をかぶせてきました。その内容は総距離600キロを3日間で踏破するという『アドベンチャーレース』の密着映像。地球上で最も過酷といわれており、TBSが日テレにケンカを売って、みやぞんのトライアスロンを“ショボく”見せようとしているとしか思えませんでした。また、テレビ東京も同様に25日夜の『SPORTSウォッチャー』で、『アドベンチャーレースに取り付かれた男』として田中正人氏を特集。断崖絶壁に挑む、50歳の彼が死の危険を感じるレースを20年以上に渡ってチャレンジし続けている様子を放送しています」(テレビ関係者)

 みやぞんが偉業を成し遂げたことには間違いないだけに、視聴者も小賢しい演出や他局の妨害なく、もっと素直に感動させてもらいたかったはずだ。

最終更新:2018/08/29 19:30

TBS&テレ東が露骨な“みやぞん潰し”!? トライアスロン中継に「アドベンチャーレース」かぶせる妨害のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

吉岡里帆『時効警察』で再評価

 今クールの連続ドラマが次々と最終回を迎えて...…
写真
インタビュー

ここがヘンだよレコード会社

 今年3月、麻薬取締法違反容疑で逮捕され、懲役1年6月、執行猶予3年の実刑判決が言い...
写真