日刊サイゾー トップ > 芸能  > 嵐・二宮が“遠い存在”と感じる先輩

嵐・二宮和也がキムタク以上に“遠い存在”と感じる「大物ジャニーズ俳優」とは?

V6・岡田准一

 大物2人の共演作が無事に好発進したことで、関係者も胸を撫で下ろしたことだろう。

 木村拓哉と嵐・二宮和也の初共演が話題になった『検察側の罪人』が初週土日動員31万8,000人、興収4億1,600万円を上げ、8月25~26日の全国映画動員ランキングで初登場1位を獲得した。

 メガホンをとった原田眞人監督は初日の舞台挨拶で、「日本のエンターテインメントの歴史における一大事業だった」と木村×二宮の初共演を振り返り、「また、この2人を見たいと思ってもらえれば」と両者の再タッグに意欲を見せた。

「遠い存在だった木村との初共演を楽しみにしていたという二宮ですが、現場では木村がやりやすい環境を作ることが自分の役割だと、立ち回り方に気を遣っていたそうです。木村がたびたび繰り出すアドリブにも舌を巻いていました」(映画ライター)

 ジャニーズに入って22年でようやく木村との共演を果たした二宮だが、それにより、“天下のキムタク”以上に遠い存在のジャニーズの先輩が生まれたという。

「雑誌のインタビューで二宮は、木村よりもV6・岡田准一との距離感ができたことに苦笑していました。岡田が『永遠の0』(2013)で第38回日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞すれば、二宮も翌年の『母と暮せば』で追いつき、共に日本屈指の実力派俳優の地位を築いています。プライベートでは2人は兄弟のように仲がよく、コンサートでもじゃれ合う姿がよく見られました。しかし、役者としての共演はこれまで一度もない。ジャニーズファンがもっとも見たい組み合わせはまさにこの2人だと思いますよ」(女性誌ライター)

 原田監督も次作で検討してみてはどうか?

最終更新:2018/09/01 08:00

嵐・二宮和也がキムタク以上に“遠い存在”と感じる「大物ジャニーズ俳優」とは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『鬼滅の刃』はジブリ超え大ヒットになるか?

アニメ映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の興収が公開10日間で100億円突破で『千と千尋の神隠し』超え!?
写真
人気連載

『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』レビュー

「この映画は大音量で上映すべし」  ...…
写真
インタビュー

東海テレビが捉えた報道の自画像

 昨年から、放送関係者の間で「絶対見たほうがいい」と「裏ビデオ」のように出回り、さまざ...
写真