日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 『ヒモメン』脱マンネリ化も……

窪田正孝がはちゃめちゃにあざとい『ヒモメン』、コワモテ俳優・音尾琢真を投入&佐藤仁美のぶっとび演技で脱マンネリ化も……

テレビ朝日系『ヒモメン』番組公式サイトより

 窪田正孝が“働かないことに全力を尽くす”ヒモ男・翔ちゃんを熱演中のドラマ『ヒモメン』(テレビ朝日系)。ワンパターンのストーリー展開に飽きを感じる視聴者も多い中、25日放送の第5話に新たなるヒモ男が現れ、ダメンズ好きの女性たちを大いに沸かせていたようです。

 ということで、今週もあらすじから振り返っていきたいと思います。


(前回までのレビューはこちらから)

■元ヒモVS現役ヒモ

 そこそこ高そうなレストランで食事をする翔ちゃん(窪田)とゆり子(川口春奈)。ヒモ男にお金なんてあるはずもなく、ゆり子がいつものごとく財布から諭吉を取り出したところに、コワモテのいかつい男がやってきます。借金取りであるその男・豊川稔(音尾琢真)は、ゆり子が翔ちゃんを養うために、1,000万円の借金をつくっていたと言い、借金のかたに、ゆり子を連れ去ろうとします。

 ゆり子なしでは(物理的に)生きていけない翔ちゃんは「ゆり子に手を出すな!」と、どこぞのヒーローばりに止めにかかりますが、豊川はそんな彼をゆり子の代わりに働かせるため、倉庫へ拉致するのでした。

 何やら物騒な展開ですが、実は豊川はゆり子の先輩ナース・聡子(佐藤仁美)の彼氏で、元ヒモ。なんでも、自分の経験を活かして「ヒモ更生プログラム」を編み出し起業したというのです。ゆり子は聡子にお願いして、豊川の力を借りて翔ちゃんを働かせようと“脱ヒモ作戦”を決行したのです。

 しかし、翔ちゃんは慣れない重労働に、たった一日働いただけで弱音を吐きます。そうして翌日、ゆり子に片思い中の医師・池目先生(勝地涼)の罠にまんまとかかって仕事を休み、その次の日は逃走をはかりますが、待ち構えていた豊川によって、今度は倉庫ではなく、「ヒモのヒモによるヒモのためのヒモ講座」というセミナー会場へ連れて行かれてしまいます。

 そこで“ヒモのカリスマ”として演説をすることになった翔ちゃん、参加者のヒモたちからの悩みに得意げに答えていきます。セミナー終了後、翔ちゃんは豊川から報酬として3万円をもらい思わず涙を流して喜び、豊川は「体は正直だな。本当はお前はずっと働きたかったんだ」と優しく言葉をかけます。

 ゆり子の“脱ヒモ作戦”は無事成功したかのように思えますが、豊川によれば、脱ヒモには「自分の稼いだ金を誰かのために使うことができるか」という最大の壁があるといいます。つまり、交際を認めさせるためにも、姉・桜子(片瀬那奈)の昇進祝いとして食事をご馳走してあげてほしい、というゆり子の願いをかなえることができるかにかかっているそうです。

 そうしてやってきた、姉ちゃんとのランチ当日。自分で伝票を持って会計を済ませようとする翔ちゃんに、ゆり子も桜子お姉ちゃんもにんまり。が、お金を払う前にトイレに行った翔ちゃんは、またしてもゆり子と別れさせたい池目先生の妨害に遭い、商店街で1回500円の福引をやっているという情報を聞かなかったことにはできず、「どうしてもこのお金でやらなきゃならない事ができたんだ!」と、会計を任せてお店を飛び出そうとします。

 その後、少し離れた席から様子を見守っていた豊川に、自分の彼氏を「何の役にも立たないゴミ同然の人間」「クズ!」呼ばわりされたゆり子が逆ギレ。ゆり子&翔ちゃん、聡子&豊川の2組のカップルの間になんやかんやあって、あきれた桜子お姉ちゃんが会計を済ませたため、結局翔ちゃんはお金を払わず終い。しかも、翔ちゃんに感化された豊川が、ヒモに戻るというまさかのオチを迎えます。「ヒモは死ななきゃ直らない」という桜子お姉ちゃんのセリフがすべてを物語った結末となりました。

 ちなみに、翔ちゃんが報酬を得て涙したのは、豊川がたまねぎのみじん切りをして刺激成分を発生させ、それをエアコンの風にのせて送り無理やり泣かせたからでした。働くことの大切さを知ったわけではなく、結局今回も脱ヒモならずです。


12
こんな記事も読まれています

窪田正孝がはちゃめちゃにあざとい『ヒモメン』、コワモテ俳優・音尾琢真を投入&佐藤仁美のぶっとび演技で脱マンネリ化も……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

エルトン・ジョン自伝映画

 人気ロックスター、エルトン・ジョンの半生を...…
写真
インタビュー

5lack×前野健太”異色”対談

 ラッパーの5lackが、オリジナルアルバム『KESHIKI』をリリースした。前...
写真