日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 『鉄腕DASH』テレ東をパクり高視聴率

日テレ、視聴率3冠王のプライドなし? 『ザ!鉄腕!DASH!!』がテレ東の“パクリ企画”で高視聴率ゲット!

日本テレビ『ザ!鉄腕!DASH』公式サイトより

 日本テレビには、数字を取るためなら“視聴率3冠王”のプライドなどないのか?

 9月2日放送のTOKIOの番組『ザ!鉄腕!DASH!!』が、よりによって、テレビ東京のパクリと思えるような企画で見事に高い視聴率をゲットしたのだ。

 同日、同番組のタイトルは『新宿DASH~屋上で池の水ぜんぶ入れる大作戦~』とされていた。“池の水”といえば、今やテレ東の人気番組『緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く大作戦』が有名。『池の水ぜんぶ抜く』は昨年1月に単発で放送開始。その後、グングン視聴率が伸びていき、4月より月イチレギュラーに昇格した。

 問題の2日は、『日曜ビッグ』枠(午後7時54分~)で、その『池の水ぜんぶ抜く』第12弾のオンエア日で、わずか4分間だけだが、『DASH!!』とバッティング。その『DASH!!』の番組タイトル名は明らかに、『池の水ぜんぶ抜く』を意識したものといわれても否定はできないだろう。

『屋上で池の水ぜんぶ入れる大作戦~』の番組内容は、東京・新宿区高田馬場の大学屋上にあるTOKIOのベース基地に、「さまざまな生き物が集まる池を作りたい」とのコンセプト。まずは、国分太一が目黒区の首都高大橋ジャンクションの屋上にある庭園を視察。そこの水辺では、300種類もの生物に加え、カルガモが来て、子どもを産む可能性があるという。そこで、「神田川沿いにあるベース基地の屋上でも、カルガモが来て、子供を産む可能性がある」として、国分、城島茂、長瀬智也の3人が、発泡スチロールで池をつくり、水はバケツに溜まった雨水を活用するといったものだった。

『DASH!!』では、過去に池に関する企画があり、日テレ側には、企画そのものをパクったとの意識はないかもしれない。しかし、タイトルの『池の水ぜんぶ入れる大作戦』は、誰がどう考えても、テレ東の番組名をパクったものだろう。

 その作戦が実ったのか、同日の『DASH!!』視聴率は16.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と高い数字をマークした。TOKIOは山口達也が脱退し、4人体制となったが、同番組は5月13日からリスタート。当初は注目も集まり、残されたメンバーへの同情票もあってか、高視聴率を記録していたが、それも長くは続かず。すぐに視聴率は低迷し、13%台にまで落ち込んだ。嵐・二宮和也が助っ人参戦した8月19日放送回でも15.5%までしか上げられなかったが、今回は6月24日の16.8%以来、2カ月ぶりに16%台をマークし、“池の水”企画は大成功に終わった。

 正直、「人のふんどしで相撲を取った」感は否めないが、次回放送回(9日)の企画は「俺たちのDASHカレー」と「グリル厄介」。この内容で、どこまで視聴率を上げられるか注目されるところ。
(文=田中七男)

最終更新:2018/09/05 16:00

日テレ、視聴率3冠王のプライドなし? 『ザ!鉄腕!DASH!!』がテレ東の“パクリ企画”で高視聴率ゲット!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『鬼滅の刃』はジブリ超え大ヒットになるか?

アニメ映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の興収が公開10日間で100億円突破で『千と千尋の神隠し』超え!?
写真
人気連載

『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』レビュー

「この映画は大音量で上映すべし」  ...…
写真
インタビュー

ダンサー君島かれんの野望

 グラマラスなボディを武器に、全国各地のクラブのステージで扇情的に踊ってきた川崎市出...
写真