日刊サイゾー トップ > 海外 > 社会(トンデモ)  > 中国「トイレ革命」は今

ニーハオトイレの開放感を捨てられず!? 通達から3年、中国「トイレ革命」は今

 都市部の北京では、カメラに顔認識させて初めて紙が出てくるトイレ。

顔をかざすと、60~70cmの長さのトイレットペーパーが出てくる。紙を1回取ると、9分待たないと次が出てこない

 はたまた高速道路のサービスエリアには、Wi-Fiの利用やスマホの充電ができるだけではなく、ATMまで設置されている最新型の公衆トイレも登場している。

 

公衆トイレにWi-Fi完備、充電もできるとあっては、長居する人が出てきてしまうのでは

 そんな中、つい最近登場したあるバーのトイレも、大きな波紋を呼んでいる。

ズラリと並んだ小便器の前にマジックミラーが

 男子トイレの小便器の前がガラス張りになっており、向こう側では女性たちが洗面台の前で化粧を直したりしている様子が丸見え。マジックミラーになっているのである。

 これについて店側は「設計上の問題でこうしたことが起こり、利用者に不愉快な思いをさせて申し訳ない」という声明を出している。

 それにしても、いくらマジックミラーとわかっていても、向こう側が丸見えだと下半身丸出しにして用を足すのは落ち着かないと思うのだが、中国人はやはり開放感ある場所で用を足すのがお好き?

(文=佐久間賢三)

最終更新:2018/09/07 18:00
12

ニーハオトイレの開放感を捨てられず!? 通達から3年、中国「トイレ革命」は今のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

また週刊誌上でレスバ!? 眞子さまと小室圭さんの結婚どうなる?

眞子さまとの結婚が内定している小室圭さんが自身の問題について文章を公表。その内容に賛否が渦巻いている……。
写真
人気連載

近藤真彦、芸能界から消えていく?

 4月いっぱいでジャニーズ事務所を電撃退所し...…
写真
インタビュー

沖縄の少年少女…性風俗でも

「琉球新報」にて2018年1月から8月まで続いた連載をまとめた、琉球新報取材班『夜を...
写真