ニーハオトイレの開放感を捨てられず!? 通達から3年、中国「トイレ革命」は今

 都市部の北京では、カメラに顔認識させて初めて紙が出てくるトイレ。

顔をかざすと、60~70cmの長さのトイレットペーパーが出てくる。紙を1回取ると、9分待たないと次が出てこない

 はたまた高速道路のサービスエリアには、Wi-Fiの利用やスマホの充電ができるだけではなく、ATMまで設置されている最新型の公衆トイレも登場している。

 

公衆トイレにWi-Fi完備、充電もできるとあっては、長居する人が出てきてしまうのでは

 そんな中、つい最近登場したあるバーのトイレも、大きな波紋を呼んでいる。

ズラリと並んだ小便器の前にマジックミラーが

 男子トイレの小便器の前がガラス張りになっており、向こう側では女性たちが洗面台の前で化粧を直したりしている様子が丸見え。マジックミラーになっているのである。

 これについて店側は「設計上の問題でこうしたことが起こり、利用者に不愉快な思いをさせて申し訳ない」という声明を出している。

 それにしても、いくらマジックミラーとわかっていても、向こう側が丸見えだと下半身丸出しにして用を足すのは落ち着かないと思うのだが、中国人はやはり開放感ある場所で用を足すのがお好き?

(文=佐久間賢三)

最終更新:2018/09/07 18:00
12
こんな記事も読まれています

ニーハオトイレの開放感を捨てられず!? 通達から3年、中国「トイレ革命」は今のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

チケット転売規制法は「国民救済」が目的じゃない! 

 東京オリンピックを視野に6月に施行される「チケット転売規制法」。チケットの高額転売...
写真