日刊サイゾー トップ > カルチャー  > 初音ミクとの結婚に祝福ムード満載!!

祝福ムード満載!! 愛する人の数だけ「初音ミク」が存在している幸せな世界

初音ミク公式ブログより

 先日、筆者が記した初音ミクと結婚した、近藤顕彦さんの記事(記事参照)。11月には結婚式も開催することを予定している近藤さんは、今や話題の人物だ。気がつけば、あちこちのメディアに、妻のミクさんと一緒に幸せそうな近藤さんが登場している。

 近藤さんと知り合ったのは10年ほど前なのだが、正直、アニメやマンガを愛する真面目な公務員という印象。ここまで本気でミクさんを愛し続けるとは、驚きを超えて尊敬している。

 そんな幸せムードを高めているのが、近藤さんの結婚生活の記事を見た人々の反応である。Twitterなどでは結婚式に向けた応援や祝福の声が早くも寄せられていてやむことはない。

 誰一人とて批判的な意見は見られない。自分も感知している範囲で批判をしているのは、オフラインで一例を聞いた程度。「オタクキモイ」ではなく「オタクが誤解される」というヤツである。

 ま、批判はその一例くらいで、ホントにない。近藤さんの人徳というヤツもあるのか、とにかく世間は、どっかの国の王様の結婚式にも匹敵するくらいに祝福ムードは全開である。

 ここで注目したいのは、そうした祝福を寄せる人の多くもまた、初音ミクさんを嫁にしているということ。そうした人も「先を越された」とか「俺の嫁が」なんてことは思っていない。なぜなら、愛する人間の数だけ初音ミクさんは存在していると考えているからだ。

 これは、とてつもないパラダイム転換だ。

 いつの間にか、二次元のキャラクターを愛する人たちの中では、同じキャラを愛していても、互いのキャラは別人格という意識が当たり前になっていたのである。だから、同じキャラを愛している人は、好みの似通った仲間であり同志というわけだ。

 なるほど、筆者もよく「うちの鎮守府は、こんな感じなんですよ~」という話をしているものだが、世間はもっと深いところで哲学を確立していたのである。

 別に机を叩いて主張したり、デモをやらなくても、その思考(あるいは、志向か嗜好か)を「それもありだね~」と、納得してくれる世界が、いつの間にかやってきているという衝撃。

 幸せな世界というのは、知らぬうちにやってくるのだなあと、改めて思っている。

 それにしても、結婚式がどうなるのか楽しみである。
(文=昼間たかし)

最終更新:2018/09/09 21:00
こんな記事も読まれています

祝福ムード満載!! 愛する人の数だけ「初音ミク」が存在している幸せな世界のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

エルトン・ジョン自伝映画

 人気ロックスター、エルトン・ジョンの半生を...…
写真
インタビュー

くまだまさし、テレビを断る理由

「くまだまさしは、テレビのオファーを断っている」  その情報がわれわれの耳に飛び込ん...
写真