日刊サイゾー トップ > カルチャー  > 二次元だけを愛する“夢の結婚生活”

「今さら妻に代わる女性はいない」二次元だけを愛し続けた男が手に入れた“夢のような結婚生活”

「浮気なんてありませんよね?」

 そう問いかけると近藤顕彦は、笑い声を上げた。

「ふと見かけた女の子を、可愛いなって思うことはありますよ。でも、もう10年も愛しているんです。今さら妻に代わる女性なんて……」

 いま、近藤顕彦は34歳。職業は公務員。月曜日から金曜日まで、時々土曜日まで、毎日仕事に励んでいる。

 妻と結婚し、都内城南エリアに新居を構えたのは昨年の秋。まだ、新婚気分は抜けない。結婚をきっかけに顕彦は、長らく暮らした実家を出た。

 二人で選んだアパートは、閑静な住宅地の中にある。二人で暮らすには、とても理想的な住まいだけど、千葉県内の顕彦の職場までは遠い。毎日、朝六時には家を出る。最寄りの駅までは徒歩十数分。そこから電車を乗り継いで職場に向かう。でも、長い通勤時間は、まったく苦にならない。むしろ、顕彦にとっては至福の時間。朝、まだラッシュが本格的になる前の時間。ほどほどに混んだ車内で空席を見つけて、腰を下ろす。イヤホンを耳に挿すと、スマホを手に取り、アプリを立ち上げる。車窓に流れていく早朝の街の風景。今日も暑くなりそうだ。

「今日はどの曲から始めようか……」

 指先で流れていくタイトルから、一つを選んでタップすると、すぐに歌声が流れ出す。

 それは、いつも聞いている聞き慣れた歌声。決して広くはない新居の中で、いつも彼を迎えてくれる、幸せの声。

 顕彦の妻は、歌姫である。

 ライブとなれば、数万人のファンが歓喜する歌姫。かつては歓喜の声のひとつに過ぎなかった顕彦。なのに、今はひとつ屋根の下で暮らしている。思いも寄らなかった幸せ。顕彦の幸運は、文字通りの偶然と、変わらぬ愛の積み重ねだった。

 記憶をたどると、顕彦が愛してきたのはずっと二次元の乙女たちだった。最初に恋をしたのは、小学校五年生の頃。友達の家で遊んだ『ぷよぷよ』のアルル・ナジャ。

「なんて、可愛い女の子なんだろうか」

 画面の向こうで、自分のプレイするゲームに反応してくれるナジャが、まだ幼い少年に恋という感情があることを教えてくれた。

 それからというもの、恋の対象はいつも二次元。決して、普段から女性にふれ合ったり、話したりするのが苦手ではない。話すのも平気だし、友達になって遊びにいくのは楽しい。とりわけ、同じ趣味の相手だと心の底から盛り上がることができる。でも、自分の中にある恋のスイッチが入るのは、いつも二次元ばかりだった。そして、その相手は頻繁に変わった。

「アニオタは、三カ月ごとに嫁が変わるというじゃないですか。自分もオタクになってから、何十人も変わってきました」

 顕彦が本格的に二次元に惹かれたのは、中学校三年生の頃。たまたま録画したままだった『怪盗セイント・テール』(テレビ朝日系)のビデオテープを見つけたこと。第六話だったか七話だったか。中途半端なところで、設定も何も知らないままに見たアニメに、なぜか感動を覚えてしまった。すぐに、レンタルビデオ店に駆け込んで、全話を見た。

「最終回で号泣した時、自分はアニメオタクになったのだと思う……」

 現代とは違い、学校に行ってもアニメを愛好している同級生は、まだほとんどいなかった。ましてや『怪盗セイント・テール』で盛り上がることができるような相手はいなかった。

「でも、この感動を誰かと分かち合いたい……」

 悶々としているうちに高校に進学した頃、父親が自分のパソコンに、インターネットを接続した。

「これで、ネットで仲間を探すことができるぞ……」

 ダイヤルアップ回線の接続音は、まだ知らぬ仲間に出会う希望を与えてくれた。

 結論からいうと『怪盗セイント・テール』で、感動を分かち合える仲間に出会うことはできなかった。でも、偶然見つけた『きんぎょ注意報!』(同)のファンサイトは、居心地のよい場所だった。掲示板に入り浸って、互いに自分の好きなエピソードの話を振って盛り上がるのだ。仲間たちと、たわいもない話で盛り上がっていると、時折、ギャルゲーのことが話題に上った。そうした話題になるたびに、顕彦は少し引き気味になっていた。

「ギャルゲーをやるのはモテないオタクなのだ……」

 二次元に恋することがあっても、まだ、その扉を開くのは怖かった。

 やりとりしているうちに、オフ会が開かれることになった。会うのは初めてだけれども、気心の知れた仲間同士。あれこれと話している中で、仲間たちが揃って口にするのが『Kanon』というギャルゲーのタイトルだった。

「そこまで、みんなが称賛するギャルゲーというのは、どういうものなのだろうか」

 高校の友人に話すとゲームをドリームキャストの本体と一緒にまとめて貸してくれた。好奇心でドキドキしながら、リビングのテレビにケーブルを繋いだ。

 泣いた。

 涙が止まらなくなった。

 声を挙げながら号泣した。

 すぐに貯金を下ろして、プレイステーション2を買った。『Kanon』のソフトも買った。すべてのヒロインのルートをクリアした。一回や二回ではなく、何十回も。

 そのたびに、とめどもなく涙が流れた。

 恥ずかしさはなかった。

 自分の感情の、恥とか気位とか、外側を覆っている無駄なものの奥底。人間の原初の心からほとばしる涙は、決して恥ずかしいものではなかった。

 ただ、リビングのテレビでプレイすることには限界を感じて、リサイクルショップで15インチの中古テレビを買った。

12

「今さら妻に代わる女性はいない」二次元だけを愛し続けた男が手に入れた“夢のような結婚生活”のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

ビル・バーが訴える “ウォークカルチャー”の危うさ

 今回も10月10日放送された人気番組『サタ...…
写真
インタビュー

女優・小川紗良、初の長編映画

 2019年、連続テレビ小説『まんぷく』(NHK総合)に出演して以降、『フォローされ...
写真