日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > オードリー春日は稀有な存在?

テレ東「オードリー春日2時間SP」にほっこり! テレビ界では稀有な春日の”特性”とは?

オードリー春日俊彰

 独創的でアイデア勝負の局、テレビ東京はそんな評価を確固たるものとしている。同時に、同局のバラエティを見ていると『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』と『家、ついて行ってイイですか?』の2つのフォーマットに、大ざっぱに分けられることにも気づく。この2番組のどちらかにアレンジを加え、新たな形式のバラエティを生み出す。これぞ、“テレ東印”というべきか。

■雲の上でヘリの扉を勢いよく全開にする春日

 9月9日に、『空から村人発見!パシれ!秘境ヘリコプター~東京・埼玉・山梨の秘境SP』(テレビ東京系)と題した2時間特番が放送された。オードリーの春日俊彰がヘリコプターで秘境を訪問。山奥に暮らす人たちを対象に、普段は交通が不便でできないけれど瞬間移動できるならやってみたいことを募り、かなえてあげるという内容である。

 上空から集落を見下ろす春日。絶対怖いはずなのに「(ヘリの存在に)気づいてない可能性ある」と、いきなり扉を全開、真下に向かって身を乗り出し、トラメガで「トゥース!」と呼びかける不動心はいかにも春日だ。

「ヘリに乗って、春日にパシらせたいことございませんか~!」(春日)

 上空の春日に向かい、地上から秘境の人たちが手を振っている。

 例えば、ある老夫婦には「生まれ育った集落を空から眺めたい」という夢があった。何しろ、空から我が家を見たいあまり、夫婦は1枚2万円以上する航空写真を4枚も購入していたほど。

 2人の夢をかなえるべく、春日は夫婦をヘリに招待した。そして、老夫婦は上空から我が家や地元を見下ろした。奥さんは涙を流すほど感動しており、一方で隣に座る春日は「息子さんが手を振ってますよ」「(上空を)回りますから」と献身的にサポート。もはや、完全にガイドである。

 同番組の高橋弘樹プロデューサーは「withnews」の取材(9月9日、以下同)で、春日についての印象をこう述べた。

「僕が春日さんに感じた魅力は、熱量が実はあるのに、それをアピールしないことです」

「過酷なロケにチャレンジする時、その大変さを、テレビっぽく過剰にアピールしない。そんな人は、目立ちたがりのテレビ業界ではあんまりいないから、新鮮で魅力的で。リアルなものを求めている今の視聴者に、伝わるんじゃないかなという気がしてお願いしました」

 確かに、春日には熱量がある。危険を伴う上空で、なんの前触れもなしにヘリの扉を全開する破天荒さ。なのに、秘境の人たちをヘリに乗せると途端に減る口数。なるほど、春日は過剰じゃなかった。これは奥ゆかしさゆえなのか、ただのナチュラルなのか。


123
こんな記事も読まれています

テレ東「オードリー春日2時間SP」にほっこり! テレビ界では稀有な春日の”特性”とは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

錦戸亮の電撃退所でジャニタレ大量離脱危機!

かねてから退所がウワサされていた錦戸。中居、長瀬がこれに続く!?
写真
人気連載

本場フィンランドの新しいサウナ道

かつてないサウナブームの中、サウナ道こと“サ...…
写真
インタビュー

ブレーク前夜!宮下草薙に聞く

 ハナコが「キングオブコント王者」に輝き、霜降り明星が「M-1」を制し……お笑い界を...
写真