日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 『ケンカツ』吉岡里帆がメンチを切る

『健康で文化的な最低限度の生活』吉岡里帆、腹立たしすぎる鬼母・松本まりかにメンチ切る姿で成長を示す!?

フジテレビ系『健康で文化的な最低限度の生活』番組公式サイトより

 吉岡里帆が主演を務めるドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』(フジテレビ系)もクライマックスへ突入。第9話が11日に放送され、前回から0.9ポイントアップとなる平均視聴率6.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録しました。

(前回までのレビューはこちらから)

 ある日、義経えみる(吉岡)が担当する生活保護受給者・丸山幸子(小野和子)が暮らすアパートでボヤ騒ぎが発生。幸子は認知症を患い、一緒に暮らす孫のハルカ(永岡心花)はまだ小学4年生のため、えみるは心配になり慌てて丸山家へと向かいます。

 するとそこには、4年前に失踪したハルカの母・梓(松本まりか)の姿が。梓は、今後は幸子の介護をし、ハルカの面倒もしっかり見ると宣言するのですが、仕事をする時間がないため、自分の分の生活保護費も請求してくるのでした。

 審査の結果、梓も生活保護費を受給できることになるのですが、その手続きで区役所を訪れた際、梓はえみるに、母親の分の生活保護費も自分の銀行口座へ振り込むよう要請してきます。幸子の認知症の症状が重くなってきているため、お金の管理を任せられない、というのが理由なのですが、4年間も失踪していた経緯があるため、えみるは胡散臭さを感じてしまいます。

 しかし、幸子の認知症が進行しているのは事実のため、梓の口座へ幸子の給付金も振り込まれることに。ただ、4年もの間、梓はハルカを放ったらかしにしていたため、えみるは子ども家庭支援課へ行き、丸山母娘の様子を気にかけるよう手配します。

 すると数日後、梓が幸子を介護施設へショートステイさせたという情報がえみるの耳に伝わります。これは、生活保護費を減らすことなく、介護の手間は減らすための手段なのではないか。そう考えたえみるは、先輩ケースワーカー・半田(井浦新)に相談。すると半田は、「貧困は親御さんの問題」と、何やら思いつめた表情で呟き、その場から立ち去ってしまいます。

 いつも温和な半田の様子がおかしい。えみるは心配になり、すぐさま係長の京極(田中圭)に報告。すると京極の口から、半田の苦い過去を知らされることとなります。それは、半田が昔、担当していた女性の妊娠が発覚した際に出産を勧めたものの、出産後、貧困が原因でその女性が幼児虐待で逮捕された、というものでした。

 半田は、出産直後の女性の幸せそうな様子を見て油断し、訪問を怠ってしまっていたというのです。有能な半田にもそんな失敗があったのか、と改めて仕事の難しさを感じるえみるですが、そんな折、梓が再び失踪したことが判明します。


12
こんな記事も読まれています

『健康で文化的な最低限度の生活』吉岡里帆、腹立たしすぎる鬼母・松本まりかにメンチ切る姿で成長を示す!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

嘘と混乱の東京オリンピック

 前代未聞の大失敗に終わった『FYRE』とい...…
写真
インタビュー

極道×アイドルマンガ作者が語る魅力

 今、アイドル界では、ありとあらゆるものとの組み合わせが考えられている。プロレスアイ...
写真