日刊サイゾー トップ > 芸能  > TBSが中居正広を切れない裏事情

TBS『なかい君の学スイッチ』終了も、中居正広の“冠番組”を打ち切れない裏事情

中居正広

 TBSの10月改編で、元SMAP・中居正広の冠番組『なかい君の学スイッチ』が終了することがわかった。ところが、後番組も中居の冠番組『中居くん決めて!』(仮)だというから、開いた口がふさがらない。同局が、中居の番組を打ち切ることができない背景には、何があるのか?

『なかい君の学スイッチ』は昨年10月にスタートしており、わずか1年で終了の憂き目に遭った。当然、好評であれば、打ち切る理由などないが、それでも同局には、中居にこだわらなければならないワケがあるのだろう。

 新番組『中居くん決めて!』のテーマは、誰もが経験する「選択のとき」。一般人がなかなか決められない選択を相談し、中居が実際に決断していく内容だといい、この番組でゴールデン・プライム帯進出を目指すとしている。

「たった1年で冠番組が打ち切りでは、中居のご機嫌を損ないかねません。TBSでは、中居が司会を務める『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』が好調です。ヘタに中居のご機嫌を損ねて、『だったら、「キンスマ」を降りる』なんてことを言い出されたら大変です。従って、中居の番組を終了させても、新たな中居の番組を制作するしか選択肢はなかったようです」(テレビ局関係者)

 むろん、それだけが中居の番組を打ち切れない事情ではないようだ。

「TBSでは、9月いっぱいで関ジャニ∞の冠番組『ペコジャニ∞!』を終了させます。この番組も低視聴率により、わずか1年での打ち切りとなります。その上、中居の番組を終わらせると、ジャニタレの番組を2本も切ることになります。そうなれば、ジャニーズ事務所の怒りを買いかねません。さらに、TBSは元SMAPで『新しい地図』メンバーの地上波では唯一のレギュラー番組(ナレーションは除く)である『ゴロウ・デラックス』を10月以降も継続することを決めましたから、いわゆるジャニーズへの“忖度”で、中居の番組は切れないでしょう」(同)

 関ジャニにとっては、赤っ恥をかく格好となるが、ジャニーズとの良好な関係を保つためには、さすがに中居の冠番組は切ることはできないのだろう。
(文=田中七男)

最終更新:2018/09/13 17:00

TBS『なかい君の学スイッチ』終了も、中居正広の“冠番組”を打ち切れない裏事情のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

吉岡里帆『時効警察』で再評価

 今クールの連続ドラマが次々と最終回を迎えて...…
写真
インタビュー

M-1予選で注目浴びた赤もみじ

 コントのザ・マミィ、漫才の納言。今、波に乗る2組に注目芸人をたずねたところ、くしく...
写真