日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 自分に正直になった『チアダン』9話

自分の気持ちに正直になった時、人は心から笑うことができる――ドラマ『チア☆ダン』第9話

 さらに苦しい立場になったわかばは、漆戸を訪ねる。

「くよくよしたって、怪我はよくならない。とにかく今は休んだほうがいい」

 そう言われ、ひとつ吹っ切れたわかばは、親友の有紀(八木莉可子)と遊びに出かけたり、幼なじみの春馬(清水尋也)に、犬の散歩に付き合ってもらったり。最後は、眠れなくなるまで寝てみたりと、やりたいことをやる。

 そうしているうち、わかばは、自分の本当の気持ちに気づく。漆戸の病院に行き、チアの話をしている時、彼女はようやく、自分らしい笑顔になれた。そう、人は、自分の気持ちに気づいた時、そしてそれを受け入れられた時、心から笑うことができるのだ。

 わかばは、部室に行き、ROCKETSのメンバーに自分の思いを話す。

「私は、やっぱりROCKETSで踊りたい!」

 部員たちは、その言葉を受け入れる。そして、「待っていた」と言うのだ。実は、メンバーは、わかばがそう言うのを信じ、わざと冷たくしていたのだ。仲間たちは、わかばのポジションは空けたままずっと練習を続けていた。「きっとわかばは帰ってくる」。ただひたすらにそれを信じて待っていたのだ。

 これこそがまさに「みんなは一人のために」の精神だろう。この言葉は、何かをする時の方法論ではない、精神論なのだ。だから、矛盾を感じることもある。でも、その両方を成し遂げることだって、十分できるのである。もちろん、そこに相手を思いやる気持ちが存在してることが前提ではあるが。

 さて、今回の一件、漆戸はどこまで見抜いていたのだろう。もしかしたら、メンバーの作戦に、うすうす勘づいていたのかもしれない。そう考えると、なかなかニクいところがある。

 例えば、自分の夢が大きくなって、仲間やクラスや学校全体のものになったとしたら……それでも、夢は自分のものだ。まるで自分の夢であるかのように応援してくれる人の存在はありがたいが、遠慮することはない。自分が心から笑える場所に行くためなら、夢は独り占めしたって構わないはずだ。

 次はいよいよ最終回。全国大会の日がやってくる。わかばとROCKETSの1年間に渡る戦いは、どんな結末を迎えることだろう。

(文=プレヤード)

最終更新:2018/09/14 17:00
12

自分の気持ちに正直になった時、人は心から笑うことができる――ドラマ『チア☆ダン』第9話のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

黒木瞳、大物実業家のバックアップも実らず

 2016年公開の映画『嫌な女』以来、女優・...…
写真
インタビュー

『死霊の盆踊り』ほか珍作映画

 日本におけるサイテー映画の歴史の発火点となったのが、米国映画『死霊の盆踊り』(原題...
写真