日刊サイゾー トップ > 芸能  > フジ『極タウン』は全旅番組のパクり

『めちゃイケ』後番組が4カ月で打ち切り……『極タウン』は“すべての旅番組のパクり”だった?

『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)の後番組として放送されていた『世界!極タウンに住んでみる』が、9月15日で打ち切られることがわかった。同番組のスタートは5月なので、実質的な放送期間は4カ月ほどである。

 この番組は、現在流行りの旅系バラエティの一種であるといえるが、既存の人気番組の要素を寄せ集めただけといえよう。

「『極タウン』は、世界の驚くべき極端な街に番組ディレクターが潜入する構成が取られています。現地にタレントを派遣するわけではないので、タレントのスケジュール確保やギャランティの支払いの必要がなく、制作予算は安上がりだといえるでしょう。番組としては『陸海空 地球征服するなんて』(テレビ朝日系)における“ナスD”のブレイクを意識したのかもしれませんが、こうしたキャラクターは簡単に作り出せるものではありません」(放送作家)

 さらに番組コンセプトである「こんな場所に人が住んでいるの?」といった驚きスポットの探訪は『クレイジージャーニー』(TBS系)を彷彿とさせる。

「もはやこの手のネタは飽和状態にあるといえるでしょう。単に海外の驚きの映像を見せるだけでは視聴者は納得しません。それゆえに『世界の村で発見!こんなところに日本人』(テレビ朝日系)のような、説得力のあるコンセプトが求められるのです。あるいは『進め! 電波少年』(日本テレビ系)から『陸海空~』などに受け継がれている、若手芸人が体を張る企画なども視聴者ウケがいいでしょう。ともかく旅番組が人気だからと安易に立ち上げるだけでは失敗は避けられないでしょう」(同)

 そもそも、立ち上げ時の企画力からして足りなかったというのが実情だろう。
(文=平田宏利)

最終更新:2018/09/16 12:00

『めちゃイケ』後番組が4カ月で打ち切り……『極タウン』は“すべての旅番組のパクり”だった?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

また週刊誌上でレスバ!? 眞子さまと小室圭さんの結婚どうなる?

眞子さまとの結婚が内定している小室圭さんが自身の問題について文章を公表。その内容に賛否が渦巻いている……。
写真
人気連載

オードリー若林、ラップを粗品に褒められ喜び

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
インタビュー

『踊る大捜査線』亀山Pが映画電撃復帰!

 興収101,5億円を記録した映画『踊る大捜査線 THE MOVIE』(98)、...
写真