日刊サイゾー トップ > カルチャー > ネット  > 底辺VTuber、次の手は“エロ配信”!?

量産される「底辺バーチャルYouTuber」……次の一手は“エロ配信”しかない!?

※イメージ画像

 気がついたら、当たり前の存在になってきた、バーチャルYouTuber(VTuber)。毎日のように、新しいVTuberはデビューを続けている。さらに『Vカツ』を筆頭に、誰でもすぐにVTuberを作成することのできる技術も普及。今後「自分もやってみよう」と思い立つ人は多いハズだ。

 だが、そんなVTuberの中でも、多くの視聴者を握っているのは、ごくわずか。現在、数千人は存在しているといわれるVTuberだが、再生回数が4ケタ台も当たり前。つまり、ほとんどのVTuberは、儲かる儲からない以前に、誰も観てくれていないというわけである。

 これは、数年前にYouTuberが注目された時にも見られた現象。編集は雑。面白くもない動画を何本も公開するも誰にも観てもらえない「底辺YouTuber」が量産されたのである。

 だが、かつての底辺YouTuberとは違い、VTuberには希望の光があった。それは、エロ配信である。

「現状、リアルとリンクさせると限られた動きしかできません。ただ、あらかじめポーズを用意することでエロい動きをさせることは可能です。いかに魅力的な動きを見せるかの技術開発も進んでいます」

 そう話すのは、VTuberに関連する開発を行っている技術者。現状、動きをリアルに連動させると画面上では、手がオッパイに沈み込むなどの問題もあるが、これらを改善することは十分に可能なのだという。

 そして、それらをエロ方面に進化させることで、新たな未来が開けるという。

「すでにネットでは、自分の裸体やオナニーを配信して稼いでいる人がいるのは、よく知られていますよね? そうした配信をバーチャルなキャラクターで行う人も出てくるでしょう」

 つまり、画面の向こうの可愛いキャラクターが、チャットしながらオナニーし、それに興奮する男たちが群がる……というワケである。

 もはや、技術的にはほぼ開発されている状況。現状のアダルト系の有料チャットをやっている事業者などが乗り出せば、一気に普及することは間違いない。

 画面の向こうにいるのは男かも知れないのに、キャラクターがオナニーしてアヘっている姿に興奮する男が群がるという未来。きっと大勢の人が「それで食べていけるかな?」と思うんじゃなかろうか。
(文=大居候)

最終更新:2018/09/25 22:30
こんな記事も読まれています
関連キーワード

量産される「底辺バーチャルYouTuber」……次の一手は“エロ配信”しかない!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

『宮本から君へ』劇場版の熱量

 2018年に放送された池松壮亮主演ドラ...…
写真
インタビュー

巷で話題「港区女子」の実態とは!?

ここ数年、まるでバブルのような存在感でその名を轟かせている「港区女子」。生息地は主に港区...
写真