日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 連載終了  > 『銀牙』シリーズをひもとく
じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

伝説の一大わんこスペクタクル『銀牙』シリーズをひもとく!

■『銀牙伝説WEED』

銀牙伝説WEED

「週刊漫画ゴラク」(日本文芸社)で連載された、銀の息子「ウィード」が主人公の作品。ウィードが銀の跡目を継いで奥羽の3代目総大将となる成長譚です。単行本が全60巻と、シリーズ中でも一番の長さのため、読み切るにはわりと根性が必要なボリューム感です。

 作品後半では前作の赤カブト的な存在で、ホッキョクグマの血が流れる巨大熊・ハイブリッドがラスボスとして登場します。ちなみに、別にバッテリーで動いているわけではありません。

 あと、向こう見ずな熱血少年だった飼い主の大輔が、成長してシュッとしたイケメンになっているのも、まあまあショックです。

■『銀牙伝説WEEDオリオン』

銀牙伝説WEEDオリオン

 銀の息子「ウィード」の、そのまた息子「オリオン」が主人公の作品。この「銀牙システム」によって息子が生まれ続ければ、いくらでもシリーズが続けられそうです。

 銀やウィードの築いた犬の楽園が、突然の地震と火山の噴火により崩壊。犬社会の秩序が乱れたところに、全国制覇を狙うヒャッハーなやつらが乗り込んでくるという展開。登場人物ならぬ登場犬物の名前が、政宗とか謙信とかだったりして、全体的に戦国時代っぽいテイストになっているのも特徴。

 単行本は前作『銀牙伝説WEED』ほど長期ではない全30巻ですが、ほぼそのままの設定で次のシリーズ『銀牙~THE LAST WARS~』に続いているので油断なりません。

■『銀牙~THE LAST WARS~』

銀牙~THE LAST WARS~

 現在連載中の最新作『銀牙~THE LAST WARS~』は、初っぱなからすさまじい展開。なんと、あの最凶熊「赤カブト」の息子「モンスーン」が登場。銀一族への復讐に燃えるモンスーンは、初回からいきなり奥羽軍総大将ウィードを半殺しにして、その恐ろしさを見せつけます。

 仮にも単行本60巻分主人公として大活躍したウィードが、いとも簡単にボロ雑巾のようになってしまうシーンは、かなりの衝撃。やっぱり銀牙シリーズは、ライバル熊が出てくると盛り上がりが違います。

『THE LAST WARS』のタイトル通り、シリーズ最終作品となるのか? 今後の展開が見逃せません。


1234

伝説の一大わんこスペクタクル『銀牙』シリーズをひもとく!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

新しい地図、地上波復帰ラッシュなるか!?

年末年始特番で話題をかっさらった3人、地上波復帰ラッシュは近い?
写真
人気連載

古参ジャニーズJrリストラ計画

 昨年末に女優・神田沙也加との“不倫疑惑“を...…
写真
インタビュー

東京五輪ボラ問題、なぜ報じない?

 東京五輪・パラリンピックの開催まで、あと2年を切った。56年ぶり2度目の開催にマス...
写真