じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

伝説の一大わんこスペクタクル『銀牙』シリーズをひもとく!

■『銀牙伝説 リキ(RIKI)』

銀牙伝説 リキ(RIKI)

 銀のお父さん、奥羽軍初代総大将・聖犬リキの伝説を描いたスピンオフ作品。人間界最強のマタギ親父・竹田五兵衛との出会いや、赤カブトとの因縁についても、これを読むとよくわかります。

 ちなみに本作に出てくるリキのお父さん(銀の祖父)は、シロというこれまた当時最強の熊犬でした。とにかく、わんこが熊と闘うには血筋が一番大事ってことのようです。

■『銀牙伝説 赤目』

銀牙伝説 赤目

  リキ、銀、ウィードという、歴代総大将の名参謀役として活躍した伊賀忍犬「赤目」の先祖を描く外伝。赤目は銀牙シリーズを通していつもカッコよく、オイシイところを持っていくキャラクターのため、ファンが多いのもうなずけます。

『銀牙伝説 赤目』自体は赤目が出てくるわけではなく、赤目のルーツとなる伊賀忍犬の先祖たちを中心としたストーリーのため、若干肩透かし感がありますが、犬×忍者×戦国時代という相性良すぎなコラボが楽しめます。

■『甲冑の戦士 雅武』

甲冑の戦士 雅武

 銀牙シリーズの中でも異端中の異端な作品が本作。主人公、戦国時代の「牙忍」と呼ばれる忍犬集団の首領・雅武は、わんちゃんなのに鎧兜を身に着けており、口には日本刀をくわえて闘います。「赤目」と設定がかぶっていますが、あくまで別作品。というか、本作はそもそも銀牙シリーズとは設定上の関係がなく、犬が闘うマンガというだけで、なんとなく銀牙シリーズとしてカウントされている感じです。

 中でもヤバイのが、兜に仕込まれた針が犬の脳に突き刺さることで、脳が覚醒し、人の言葉をしゃべったり、超能力が使えるようになっているところです。犬が乗馬するシーンや、織田信長に戦術を指南するシーンなど、禁断のわんちゃんシーンが盛りだくさんすぎて、シリーズ中もっとも越えちゃいけないラインを越えている作品です。

 このほか『銀牙 -流れ星 銀- 真・外伝』という作品もあります。「真」ということは、ほかは偽なのかもしれませんが、本当に外伝だらけです。ファンあるところに外伝あり、それだけ人気が高いシリーズであるということがわかりますね。

 というわけで、きっと猫派でも楽しめる、初心者向け銀牙シリーズ紹介をしました。とにかくまずは、『銀牙 -流れ星 銀-』の赤カブト編を読んでみるというのがファーストステップ。いかに野生の熊がヤバイか、赤いシャツを着てハチミツを主食にしているプーの野郎とは全然別物だ、ということを思い知らされます。

 ちなみに高橋よしひろ先生の作品ではありませんが、猫版の『銀牙』ともいえる猫バトルマンガ『ピンギーマヤー』という作品もあります。ゴリゴリ猫派の方には、こちらがお勧めです。

(文=「BLACK徒然草」管理人 じゃまおくん <http://ablackleaf.com/>)

◆「ザオリク的マンガ読み」過去記事はこちらから

最終更新:2018/10/03 18:28
1234
こんな記事も読まれています

伝説の一大わんこスペクタクル『銀牙』シリーズをひもとく!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

ラグビーW杯、NZの魅力とは?

 空前絶後の盛り上がりを見せているラグビーW...…
写真
インタビュー

人力舎の”若手”アンダーパーに注目

 芸歴5年目、なのに全員オーバー30という、人力舎の”若手”トリオコント師「アンダー...
写真