日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース > 社会(トンデモ)  > キュン死必至の「パンダ車両」

座席もつり革もパンダまみれ……”シャンシャン”ルーツの地でキュン死必至の「パンダ車両」が登場

通路ではパンダが仁王立ちして乗客を待ち構える

 東京・上野動物園で昨年誕生したパンダが「シャンシャン」と命名されてから、9月25日で丸1年がたった。上野周辺では、シャンシャンフィーバーが今も続いているが、中国四川省で、パンダファンなら悶絶必至の地下鉄車両がお目見えした。

 通路に鎮座する等身大の立像から、座席の上でだらけたり、吊革にぶら下がったりするぬいぐるみまで、乗車の邪魔になるのではと心配なほどパンダ尽くしのこの車両は、四川省成都市で地下鉄を運営する成都軌道交通有限公司がこのたびお披露目した「パンダエクスプレス」だ。

座席の一部はぬいぐるみが占領 

 同社は、2016年の年末にもパンダをモチーフにした地下鉄車両を導入しているが、9月27・28日に同省ブン川県で開かれる、パンダと人間の共生をテーマにしたイベント「国際パンダフェスティバル」に合わせ、リニューアルしたようだ。新車両は旧車両に比べ「パンダ度」が格段にアップしている。日本国内でも、パンダを擁する動物園の付近では、パンダをあしらったラッピング列車などが運行されているが、ここまでパンダ尽くしの車両はないだろう。

 ちなみにブン川県にはシャンシャンの両親で、シンシンとリーリーが生まれた臥龍パンダ自然保護研究センターもある。つまり、シャンシャンのルーツといえる場所である。

 このパンダエクスプレスは、同フェスティバルで展示されたのち、早ければ今年末にも同地下鉄3号線で運行が開始されるという。パンダの繁殖拠点である成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地の最寄り駅もこの3号線上にあるといい、まさにパンダファンにとっては憧れの車両となりそうだ。

最終更新:2018/09/26 21:00
こんな記事も読まれています
関連キーワード

座席もつり革もパンダまみれ……”シャンシャン”ルーツの地でキュン死必至の「パンダ車両」が登場のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

錦戸亮の電撃退所でジャニタレ大量離脱危機!

かねてから退所がウワサされていた錦戸。中居、長瀬がこれに続く!?
写真
人気連載

本場フィンランドの新しいサウナ道

かつてないサウナブームの中、サウナ道こと“サ...…
写真
インタビュー

元NHK堀潤氏が語る権力とメディア

 マスメディアには権力を監視する役割があると言われるが、果たして本当だろうか? 籾井...
写真