日刊サイゾー トップ > 海外 > 社会(トンデモ)  > キュン死必至の「パンダ車両」

座席もつり革もパンダまみれ……”シャンシャン”ルーツの地でキュン死必至の「パンダ車両」が登場

通路ではパンダが仁王立ちして乗客を待ち構える

 東京・上野動物園で昨年誕生したパンダが「シャンシャン」と命名されてから、9月25日で丸1年がたった。上野周辺では、シャンシャンフィーバーが今も続いているが、中国四川省で、パンダファンなら悶絶必至の地下鉄車両がお目見えした。

 通路に鎮座する等身大の立像から、座席の上でだらけたり、吊革にぶら下がったりするぬいぐるみまで、乗車の邪魔になるのではと心配なほどパンダ尽くしのこの車両は、四川省成都市で地下鉄を運営する成都軌道交通有限公司がこのたびお披露目した「パンダエクスプレス」だ。

座席の一部はぬいぐるみが占領 

 同社は、2016年の年末にもパンダをモチーフにした地下鉄車両を導入しているが、9月27・28日に同省ブン川県で開かれる、パンダと人間の共生をテーマにしたイベント「国際パンダフェスティバル」に合わせ、リニューアルしたようだ。新車両は旧車両に比べ「パンダ度」が格段にアップしている。日本国内でも、パンダを擁する動物園の付近では、パンダをあしらったラッピング列車などが運行されているが、ここまでパンダ尽くしの車両はないだろう。

 ちなみにブン川県にはシャンシャンの両親で、シンシンとリーリーが生まれた臥龍パンダ自然保護研究センターもある。つまり、シャンシャンのルーツといえる場所である。

 このパンダエクスプレスは、同フェスティバルで展示されたのち、早ければ今年末にも同地下鉄3号線で運行が開始されるという。パンダの繁殖拠点である成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地の最寄り駅もこの3号線上にあるといい、まさにパンダファンにとっては憧れの車両となりそうだ。

最終更新:2018/09/26 21:00
関連キーワード

座席もつり革もパンダまみれ……”シャンシャン”ルーツの地でキュン死必至の「パンダ車両」が登場のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

タッキー革命新章突入!? ジャニーズはどうなる?

不祥事タレントを容赦なく切り捨て、Jr.の年齢制限まで勃発…ジャニーズはどうなる!?
写真
人気連載

志村けんと噂になった女性たち

 先日、阪神・淡路大震災から26年目を迎えた...…
写真
インタビュー

スピリチュアル市場のサバイバル

 現代社会においては宗教も市場競争にさらされ、人々が自分にふさわしい考えや実践をマー...
写真