日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース > 社会(トンデモ)  > 原因不明の肺炎がパンデミック寸前

中国・武漢市で原因不明の肺炎がパンデミック寸前! 春節連休で日本への上陸も!?

文=廣瀬大介(ひろせ・だいすけ)

肺炎の発生現場とされる海産物市場で調査に当たる当局者(多維新聞)

 昨年12月31日、中国・武漢市で発症が確認された原因不明の肺炎が猛威を振るっている。武漢市衛生健康委員会は、この肺炎の発生源が海産物市場である可能性を指摘。中東呼吸器症候群(MERS)や、重症急性呼吸器症候群(SARS)の可能性は排除したものの、確かなことはまだわかっていない。現在までに感染者は59名、うち7名が重症と、感染者の数は徐々に増えており、周辺国・地域にも拡大の様相を呈しているようだ。

「捜狐新聞」(1月6日付)は、武漢で発症している謎の肺炎の症状が、香港、台湾、シンガポールでも確認されたことを報じている。香港衛生署は、1月3日以降、香港で原因不明の肺炎を患った市民が16名いることを報告。いずれも過去2週間に、武漢への渡航歴があったことがわかっている。

 また、台湾当局も5日に情報を公開し、昨年12月31日以降、直行便で武漢から台湾にやってきた乗客の中で、これまで8名に発熱や気管支炎のような症状が表れていることを伝えている。シンガポール当局は4日、武漢からシンガポールへの直行便に搭乗していた3歳の中国人女児が肺炎のような症状を発症したと発表した。各国当局は、乗客たちの症状と、武漢で発生している肺炎に関連がないか調査している。

 世界保健機関(WHO)は、肺炎の原因はいまだ不明としながらも「世界各国は、中国に対していかなる渡航や貿易の制限も行うべきではない」と発表しており、過度な警戒は必要ないとの見解を示している。中国政府としても、市民がパニックを引き起こさないよう、必要以上の警戒を呼び掛けることはしないとみられる。

 とはいえ、日本にとっても決して対岸の火事ではない。今月25日から中国は春節を迎えるが、例年、春節期間には70万人以上の中国人観光客が日本を訪れる。感染者が現在も増えている中、この新型肺炎が日本に上陸するのも、時間の問題なのかもしれない。

廣瀬大介(ひろせ・だいすけ)

廣瀬大介(ひろせ・だいすけ)

明治大学卒業後、中国の重慶大学へ留学。メディア論を学び、帰国後は中国の社会問題についてウェブメディアを中心に執筆している。

最終更新:2020/01/07 18:30
関連キーワード

中国・武漢市で原因不明の肺炎がパンデミック寸前! 春節連休で日本への上陸も!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

新しい地図、地上波復帰ラッシュなるか!?

年末年始特番で話題をかっさらった3人、地上波復帰ラッシュは近い?
写真
人気連載

話題の「バ美肉」マンガ2選

令和になってもYouTuberの勢いは止まりませ...…
写真
インタビュー

金属バット、注目度UPもどこ吹く風

『M-1グランプリ2018』(ABC・テレビ朝日系)敗者復活戦。「よいしょ、うぃー」で...
写真