日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース > 社会(トンデモ)  > ネズミ入り火鍋を食べた妊婦に暴言

「心配なら堕ろせば?」ネズミ混入の火鍋を食した妊婦に店員が暴言! それでも店がつぶれないワケ

 中国式しゃぶしゃぶ、火鍋の中から箸でつまみ上げられたネズミの死骸。これは、9月6日に山東省★坊市(★=さんずいに「維」)の飲食店を家族で訪れた妊婦が注文した火鍋の中から見つけ、撮影したものだ。ネズミを発見した際には、すでに火鍋を口にしていたという。

 妊婦のクレームに対し、店側は5,000元(約8万2,000円)の賠償金支払いを申し出た。しかし、彼女は病院で胎児の検査をした上で再び賠償について話し合いたいと提案。[A2] すると店員の一人が「赤ん坊が心配なら、2万元(約33万円)出すから中絶すればいい」と言い放ったというのだ。

 ゆで上がったネズミの写真と店側のあり得ない対応は、中国版Twitter「微博」ですぐに広まり、「吐き気がする。今後一切、外で鍋を食べたりしない」「もし彼女の赤ちゃんの身に何かが起こっていたら、店側は彼女にどう賠償するつもり? 命はたった2,000元の価値なの?」などと、ネット民たちの怒りや嫌悪感に満ちたコメントを集めている。

 この騒ぎによって、同店の運営企業の株価は暴落。時価総額では、一時200億円超の損失となった。ところが、1週間とたたないうちに、以前の水準に戻している。

 これについて、中国事情に詳しいフリーライターの吉井透氏はこう話す。

「中国では食品問題が発覚しても、その後つぶれた企業はほとんどない。過去に問題を起こした企業の食品や飲食店を避けていたら、それこそ何も食べられなくなってしまうからです」

 中国の食品問題は永遠に不滅です!?

最終更新:2018/09/27 21:00
こんな記事も読まれています
関連キーワード

「心配なら堕ろせば?」ネズミ混入の火鍋を食した妊婦に店員が暴言! それでも店がつぶれないワケのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

キンプリ平野の「今後の不安」

 今回取り上げるのは、King & ...…
写真
インタビュー

『ガチ星』が生ぬるい邦画界に追込み

 サイコーに熱い映画が、福岡からやってきた! 例えるなら、福岡県民のソウルフードであ...
写真