日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 『バゲット』“即打ち切り”はナシ

日テレ『PON!』後番組『バゲット』 爆死必至でも“即打ち切り”にならないワケ

日本テレビ系『バゲット』番組公式サイトより

 日本テレビの午前の情報番組『PON!』が9月27日で終了し、10月から新番組『バゲット』がスタートする。視聴率レースのトップを快調に走り続ける日テレだが、目下の課題は平日午前の視聴率。そのテコ入れ策の第1弾が『PON!』の打ち切りだが、新番組の前途は多難だ。テレビ情報誌の記者が語る。

「ゴールデンは快調な日テレですが、お昼は苦戦しており、中でも視聴率が悪かったのが『PON!』でした。その時間帯はトップが『ひるおび!』(TBS系)で、『ノンストップ!』(フジテレビ系)と『ワイド!スクランブル』(テレビ朝日系)がその下につけ、『PON!』はそのさらに下。かつては早朝の『ZIP!』から『スッキリ』『PON!』ヒルナンデス』まで、日テレをつけっぱなしという家庭も多かったようですが、近年は『PON!』がその流れを断ち切っており、視聴率は2%程度でしたから、打ち切りはやむを得ないでしょう」

 新たにスタートする『バゲット』は、「焼きたての美味しいバゲットのような、“気分がアガる”を目指す情報番組」とのこと。月曜から木曜の10:25~11:30に放送される『バゲット』だが、出演者の顔ぶれが関係者の間で話題となっている。テレビ関係者が語る。

「新番組は司会の青木源太アナと尾崎里紗アナのほか、出演者はすべて日テレのアナウンサーのみで固めるそうです。前番組の『PON!』は、ビビる大木や岡田圭右ほか、脇もズラリとタレントで固めていましたから、それだけで大幅にギャラが節約できることは確実です。

 しかし司会の2人をはじめ、出演が予定されているアナウンサーで名前が売れているのはラルフ鈴木アナぐらいで、いかにも“画”が地味ですね。一部では、元・乃木坂46で今年入社した市來玲奈アナの起用が噂されていましたが、フタを開けてみれば“ポスト水卜麻美”と日テレが期待する尾崎アナでした。これで数字が取れるほどテレビ界は甘くありません。

 ただ、『PON!』の打ち切りと、局アナで固めろという指令は、社長から下ったもののようで、こうなると1クールや2クールで結果が求められることはないでしょう。前番組の『PON!』はジャニーズ推しが激しく、それが視聴者離れを招いた一因ともいわれていますが、新番組の司会の青木アナは、知る人ぞ知る大のジャニーズファンなので、ジャニーズネタを上手に使って『PON!』時代についたジャニーズファンを取り込めれば、勝算はあるかもしれません」

 経費を節約してなおかつ数字を稼ぐのは、基本的にどの業界でも奇跡。ジャニオタ男子アナが奇跡を起こせるか、“三冠王”日テレのお手並み拝見といったところだろう。

最終更新:2018/09/28 06:00

日テレ『PON!』後番組『バゲット』 爆死必至でも“即打ち切り”にならないワケのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディションを開催!

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
特集

最新作も配信作も!話題の映画特集

最新の映画から、ちょっとマニアックな作品、配信系作品まで
写真
人気連載

高岡早紀が連続殺人鬼を怪演!!

「雨宮リカ、28歳です」  高岡早紀が笑顔で...…
写真
インタビュー

『バブリーダンス』創出した高校生の新価値観

 2017年に世間を賑わせた大阪府立登美丘高校の「バブリーダンス」や夏の甲子園大会の...
写真