日刊サイゾー トップ > 社会  > 違法風俗マンションを内見!
アングラライター・國友公司の「裏社会ふしぎ発見!」

上野駅前にある「伝説の違法風俗マンション」を内見してきた!

一般住人もいるとは思えないマンション前(C)@sukhumvit_me(撮影・2016年10月)

<実話誌が次々と休刊に追い込まれる昨今、何を間違ったかアングラの世界に足を踏み入れたライター・國友公司(26)が、危ないニオイのするトピックスを徹底取材!>

 なぜ主要駅前徒歩1分のマンションがこんな姿になってしまったのか? サブカル文化としては非常に興味深いが、当マンションの住人にとってはたまったものではないだろう。

 上野駅浅草口の目の前にあるマンション「A上野」をご存じだろうか? 2000年代前半、このマンションには無数の違法風俗店がはびこり、無法地帯と化し、「上野の九龍城」とまで呼ばれていた。当時の話だと、約230室のうち半数ほどが違法風俗店だったといわれている。

 警察の摘発により、現在ではその数は激減したものの、マンション前にエステ店の看板が並ぶことからわかるように、一掃とまではいっていない。インターネットで上野駅近くのエステ店のホームページを探してみると、中国系、韓国系、台湾系などの店舗がズラリ。住所を見てみると、「A上野」となっているところも多い。

 さあ、このマンションの謎を解くにはどうすればいいか……。実際に違法風俗店に入ってみるのもいいが、それでは単なるエロオヤジと変わらない。そこで筆者は近くの不動産に足を運んだ。伝説の違法風俗マンション「A上野」を内見することにしたのだ!

 訪れたのは日暮里にある不動産事務所。「仕事の関係で上野に越したいが、『A上野』には空きがあるか」と単刀直入に申し込んだ。担当は20代後半の女性社員。広末涼子似のかなりな美人だ(以下、涼子)。正直、男性のほうが後々いろいろと聞けそうだが……。

「上野ですと、ほかにもご紹介したい物件がございます。そちらも併せてご覧になられますか? お調べしたところ、こちらでご紹介できる『A上野』の部屋は告知事項があるようです。前の入居者さまが孤独死されたようで……」

 それでも『「A上野」一択だ!』と訴えた。さすがに怪しく思ったようだ。

「ご職業をお伺いしてもよろしいでしょうか? あと『A上野』にこだわる理由も一緒に。そのへんを大家さんに確認取りまして、許可が下りれば内見という形になりますが」

 こういう時はゴニョゴニョ言っていても何も始まらない。私は裏社会系のライターをしている。「A上野」には違法風俗店がいまだにたくさんある。決して冷やかしではなく、このマンションに住んで、裏の実情を知りたいのだ! そう伝えた。

「い、違法風俗店? このマンションに? ちょっと大家さんと連絡を取りますので、少々お待ちください」

 涼子は大家に電話をかけ、戻ってくるや否や、こそこそと小声で私にこんなことを言うのであった。

「大家にはうまいこと言って許可取りました。それより、うちで扱っている物件でこんなマンションがあるなんて知らなかったですよ……。ちょっと調べたんですが、とんでもないマンションじゃないですか。内見には基本、マンション側の管理会社が立ち会うんですが、今回は私が同行します。ちょっと興味が湧いてきちゃったし、國友さん(筆者)としても、こっちのほうがやりやすいでしょ?」


123

上野駅前にある「伝説の違法風俗マンション」を内見してきた!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

動機なき連続殺人鬼の記録映画

 一部のマニアのみに知られていた「封印映画」...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(1)

 農林水産省の元事務次官の熊澤英昭容疑者が44歳の長男を殺害した事件では、息子による...
写真