日刊サイゾー トップ > 社会  > 西成からクスリがなくならない理由

警察官「シャブ中の相手をしている暇はない」……西成あいりん地区から覚せい剤がなくならない理由

ルポ西成 七十八日間ドヤ街生活』(彩図社)

 日本最大のドヤ街と呼ばれる大阪市西成区あいりん地区。この街には全国から“行き場を失った人々”が集まってくる。前科者、薬物中毒者、殺人者、元ヤクザなどなど……。そんなあいりん地区に78日間にわたって滞在し、『ルポ西成 七十八日間ドヤ街生活』(彩図社)を上梓したライター・國友公司氏が、西成のシャブ事情を現地の住人の声を交えながらレポートする。

***

 8月15日、大阪府警薬物対策課は、あいりん地区にある簡易宿泊所(ドヤ)を拠点に覚せい剤を売ったとして、住所不定無職の男2人を逮捕した。同地区では一昔前までドライブスルーのような形で覚せい剤が売られていたが、警察が浄化作戦により一掃したとされている。しかし、現実は一掃など程遠い状況だ。

 

 20年ほど前、西成区内に事務所を構える暴力団組織に属し、あいりん地区で覚せい剤の売人をしていたという青山(仮名)がこう話す。青山は取材時、肉体労働に従事しながらあいりん地区に住み、週末になると覚せい剤を使用していた。

「あいりん地区で覚せい剤を売っている人間? そんな奴ぎょうさんおるで。俺のお得意先を紹介したるからちょっと付いてきいや」

 青山は西成警察署から程近い居酒店で酒を飲んでいた60代とおぼしき女性に「ネタ持っとる?」と話しかけた。すると女性は、ポケットからスッと白い粉の入ったパケを差し出して見せたのだ。8月の事件ではドヤが密売の拠点となっていた。しかし、いまだに路上での覚せい剤の取引も行われている。青山がこう続ける。

「でもな、警察も黙ってはいられないから売人も昔みたいに堂々とは売っとらんで。さっきみたいなババアは特別やけどな。盲点っちゅうやつか。シャブの売人は意外なことに女も多いんやで。でも、俺がシャブ買う時は路上ではなく待ち合わせにしとる。ドヤの一室で受け取ることもあれば、その辺のビルの一室ってこともある。臨機応変ってやつやな」

12
ページ上部へ戻る
トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

ビートたけしと文春とのビミョーな関係

「ダウンタウン」松本人志が、飲み会で一般女性...…
写真
イチオシ記事

粗品「審査員をやってあげたい」

 霜降り明星・粗品が、また物議を醸しそうな物言いをしている。  21日にYouTubeの個人チャンネル「粗品のロケ」を更新した粗品。その動画のタイ...…
写真