日刊サイゾー トップ > 社会  > 西成からクスリがなくならない理由

警察官「シャブ中の相手をしている暇はない」……西成あいりん地区から覚せい剤がなくならない理由

 

筆者の働いていたドヤからも注射器が出てきた

 あいりん地区を歩いてみるとわかるが、何をするわけでもなく、一日中同じ場所にじっとしている男がちらほらといる。この“立ちんぼ”と呼ばれる人物に声をかけると、覚せい剤の受け取り場所を指定されるというわけだ。

「立ちんぼっちゅう仕事は、言ってみれば誰でもできる仕事や。俺が知っている立ちんぼも、元は解体現場で働いていた奴や。あんなの場所を教えるだけや、兄ちゃん(筆者)でもやろうと思えばできるんやで」

 立ちんぼに待ち合わせ場所を指定された買い手は、直接その場所に取りに行くことができるそうだ。間に別の人間を挟むことは少ないという。78日間あいりん地区に滞在した筆者でも、すでにどの人間が立ちんぼか、一発でわかる。日々パトロールに励んでいる警察官が、わからないはずなどないのだ。あいりん地区内にある交番勤務の警察官は、こう話す。

「立ちんぼを1人捕まえたところで、また次の立ちんぼが出てくるだけ。イタチごっこ状態だから捕まえる意味ないんだよね。それより今は貧困ビジネス(生活保護費のピンハネ等)が問題になっている。正直言うと、覚せい剤まで手が回らないんだよ」

あいりん地区では、覚せい剤根絶の看板をよく目にする

 後日、仕事を終えた立ちんぼの男を尾行していると、男は交番に立ち寄った。外から様子をうかがうと、警察官2人と男が、和気あいあいと世間話を楽しんでいた。立ちんぼの行動から、覚せい剤の密売所などすぐにでも割り出せるとも思うのだが、なぜ警察は動かないのか? 8月の事件のように、あいりん地区では定期的に覚せい剤の密売所が摘発されるが、単なる見せしめのように思えてしまう。

 あいりん地区から覚せい剤を一掃できない、いや一掃しない特別な理由があるのだろうか。

(取材・文=國友公司)

 

●『ルポ西成 七十八日間ドヤ街生活』

筑波大学を卒業したものの、就職することができなかった著者は、大阪西成区のあいりん地区に足を踏み入れた。ヤクザ、指名手配犯、博打場、生活保護……マイナスイメージで語られることが多い、あいりん地区。ここで2カ月半の期間、生活をしてみると、どんな景色が見えてくるのか? 西成の住人と共に働き、笑い、涙した、78日間の体験ルポ。

最終更新:2018/10/08 16:00
12

警察官「シャブ中の相手をしている暇はない」……西成あいりん地区から覚せい剤がなくならない理由のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

朝ドラ離れ加速!?『ちむどんどん』レビュー

NHKの朝ドラとしては珍しく賛否の否がうずまく『ちむどんどん』をなんとか楽しむレビュー!
写真
特集

夏枯れ? 豊作? 夏ドラマをチェック!

『石子と羽男』『競争の番人』『オールドルーキー』etc…夏ドラマをチェック
写真
人気連載

高橋ヨシキ監督の長編デビュー作『激怒』

 誰もが暮らしやすい平和なユートピアを目指し...…
写真
インタビュー

エルフ荒川「吉本芸人はみんなギャル」

新型コロナに戦争、円安、物価高騰──暗い話題が多...…
写真