日刊サイゾー トップ > その他 > サイゾーpremium  > 「いつまでも 見られると思うな 吉岡の肌」――【吉岡里帆】を脱がさないで

「いつまでも 見られると思うな 吉岡の肌」――【吉岡里帆】を脱がさないで

『吉岡里帆』

1810_P090_img001_200.jpg

吉岡里帆の主演ドラマが絶望的な低視聴率。加えて週刊誌に掲載されたグラビアがヒドいと「吉岡たたき」が起きている。ちなみに「吉岡美穂」で画像検索をかけると吉岡里帆も混ざるようになってきており、時代の流れを感じさせられる。

 吉岡里帆がたたかれている! なぜだ!?

 純朴でつぶらな瞳。あどけない表情。健康的な白い肌。しかも現在は、出演ドラマの役づくりのため、黒髪のショートカットときている。パーペキ。思わず80年代に流行した、パーフェクトと完璧の合成語が飛び出すほどに男が好きな要素満載だ。

「カワイイはつくれる」などというCMフレーズがあったが、嘘である。いやむしろ、吉岡里帆のかわいさをつくれるという人がいるならば、連れてきてほしい。僕だけの吉岡里帆をつくってほしいから。

 ともかく、パッと思いつくだけでも嫌われる要素は見当たらない。担当編集も「正気を失うかわいさ!」「かわいい上に、おっぱいもでかいんですよ?」などと擁護していた。ただまあ冷静に考えて、こういう気持ち悪いおっさんが群がっているから、女性人気が落ちるのである。

 我々おっさんがムキになればなるほど、女性ファンが離れていくという悲しい構図。だからこそ、その穴を埋めるべくおっさんたちは協力し合って、より手厚く応援していかなければならない。だが、どうも今回の「吉岡たたき」を見ていると、ほかならぬおっさんが声を上げているようである。

最終更新:2018/10/06 20:00
関連キーワード

「いつまでも 見られると思うな 吉岡の肌」――【吉岡里帆】を脱がさないでのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

黒木瞳、大物実業家のバックアップも実らず

 2016年公開の映画『嫌な女』以来、女優・...…
写真
インタビュー

“町おこし”で地方がダメになる?

 いま日本の各地で「地方創生」が注目を浴びている。だが、まだ大きな成功例はあまり耳に...
写真