日刊サイゾー トップ > 海外 > 社会(トンデモ)  > 米英で“尿販売サイト”が盛況

60mlで6,800円は安い? 高い? 米英で“尿販売サイト”が盛況のワケ

「UrineTheClear.com」より

 海外で、尿の販売を専門とするネットサイトが盛況を博している。米サイト「UrineTheClear.com」では冷凍されたものや粉末状のものなど、さまざまな形態の尿を扱っている。そしてそれらすべては「酵素増倍免疫測定法やガスクロマトグラフィー、質量分光分析などのドラッグ検査をパスした100%ドラッグフリーの人間の尿」(同サイトより)なのだという。例えば約60mlの液体の尿は、約60ドル(約6,800円)で販売されている。

 しかし、ただの尿に、なぜこんな値が付くのか? その背景には、職場で従業員に対して行われるドラッグ検査の存在があった。

 英紙「メトロ」(10月4日付)によると、近年、米英では従業員に対するドラッグ検査を行う企業が増えているという。従業員に尿を提出させ、そこに覚せい剤やコカイン、マリファナその他の違法ドラッグの成分が含まれていないか検査するのだ。

 こうした中、職を失いたくないドラッグ使用者が他人の尿を購入し、自身の尿として職場に提出するのだという。

「私はマリファナを常用しているが、職場では3カ月ごとに尿検査がある。職を失うリスクを負うことはできない」と話すのは、英ウェスト・ミッドランズに住む男性。彼は近所に住む60歳の女性から尿を購入したという。

「彼女は人生で一度もドラッグに手を付けたことがない。1リットルのミルクボトル分くらいの量で、5ポンド(約740円)を支払った。冷蔵庫で保管しているよ」(同)

 尿に加え、ネットで保温ポーチを購入したという男性。「検査のときは、最適な温度で尿を準備しておかないといけないから」というのが、その理由だそう。

 男性によると、ペニスの模型に他人の尿を仕込ませ、そこから検尿カップに注ぐことができるという巧妙な商品も販売されているという。

 ドラッグ検査とドラッグ使用者たちのいたちごっこは、まだまだ続きそうだ。

最終更新:2018/10/11 21:00
関連キーワード

60mlで6,800円は安い? 高い? 米英で“尿販売サイト”が盛況のワケのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

また週刊誌上でレスバ!? 眞子さまと小室圭さんの結婚どうなる?

眞子さまとの結婚が内定している小室圭さんが自身の問題について文章を公表。その内容に賛否が渦巻いている……。
写真
人気連載

ラッセル・クロウ主演の恐怖映画『アオラレ』

 ついクラクションを鳴らしたことから、悲劇は...…
写真
インタビュー

井筒和幸×松本利夫(EXILE)『無頼』対談

閉塞的な社会にパッチギ(頭突き)をかまそうとする若者たちを主人公にした『パッチギ!』...
写真