日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 『今日俺』違和感ポイントはここ

ドラマ版『今日から俺は!!』はやっぱり“ザ・福田雄一”! 原作ファンの違和感ポイントは?

■『今日から俺は!!』という名のアナザーストーリーか

 このように、ドラマ版は原作と明らかな差異がある。端的に言って、“ザ・福田雄一”だった。勝手知ったる俳優が起用され、濃度を高めるため、オリジナルキャラにも福田人脈をフル活用。いっそのこと、『今日から俺は!!』というタイトル、登場人物、設定を活用したアナザーストーリーだと割り切ってしまったほうがいいかもしれない。そのほうが、ドラマとピュアに向き合える。

 とはいえ、ところどころ原作のストーリーをなぞっているから気が抜けない。京子に迫る男を三橋と伊藤が女装してやっつけたり、今井との対決を三橋がすっぽかしたり、今井が落とし穴にはまったり。

 漫画の実写化となると、原作ファンは先入観ゆえ厳しい評価になりがちだ。しかし、原作に忠実でも、面白くなかったら見る気にならない。

 福田組の作品は、好き嫌いがハッキリと分かれる。原作が好きだとしても福田雄一が苦手ならドラマを見るのはしんどいだろうし、福田雄一を好きならばきっと面白い。そして、原作のテイストに未練がなければ、なお良い。SNSの反応を見ると、原作を知っている人と知らない人とでは、感想がかなり違うようだ。知らない人による評価は、すこぶる良かった。

 原作ファンとして、福田監督に特になぞってほしい話がある。それは、今井が廃ビルに閉じ込められたエピソードだ。これを、福田流にどう再現するのか見てみたい。決して、福田組の手法や原作の改変を拒否しているわけではないのだ。

(文=寺西ジャジューカ)

最終更新:2018/10/21 16:00
123
こんな記事も読まれています

ドラマ版『今日から俺は!!』はやっぱり“ザ・福田雄一”! 原作ファンの違和感ポイントは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

城島茂と菊池梨沙…破局も近い?

今週の注目記事・第1位「巨人『鈴木尚広』と『美...…
写真
インタビュー

井上淳一が語る、若松孝二の功罪

 そこはまさに“夢の砦”だった。ピンク映画『甘い罠』(65)で映画界に殴り込んだ若松...
写真