日刊サイゾー トップ > 芸能  > 坂上忍、動物の飼育はスタッフ任せ?

坂上忍『どうぶつ王国』は大丈夫? 多忙極め、飼育は「どうせスタッフ任せだろう」の声

フジテレビ系『坂上どうぶつ王国』番組公式サイトより

 秋の番組改変に伴い、新番組『坂上どうぶつ王国』(フジテレビ系)が、10月12日にスタートした。初回は3時間のスペシャル編成で臨み、視聴率は9.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、瞬間最高視聴率は10.8%だった。

 『坂上どうぶつ王国』は、坂上忍のフジテレビで4本目となるレギュラー番組で、「ムツゴロウ動物王国」のような巨大動物飼育施設建設を目指すなど、さまざまな企画を実行していくバラエティー。ほかにジャニーズ事務所所属のKing&Prince・高橋海人、野性爆弾・くっきー、サンドウィッチマンらが出演する。

 初回放送では、モデルとなる「ムツゴロウ動物王国」を主宰する作家で動物研究家の畑正憲氏の元を坂上が訪れ、構想を説明、壮大な計画の一部を披露した。

「坂上さんは、愛犬のため千葉の田舎町に引っ越したほどの動物好き。番組を通して、動物のかわいらしさ、生態、そして大切さを知らせる、いい番組だと思います」(テレビ局関係者)

 一方で、不安の声も上がっている。

「キー局だけでレギュラー番組8本を抱え、多忙を極めている坂上が、動物の世話をできるとは思えません。自宅でも12匹の愛犬と暮らしているといいますが、世話をしているのはほとんど、同居女性のAさん。今年8月には、Aさんが坂上の犬を散歩させていたところ、途中で甲斐犬『サンタくん』が逃走、飼育体制に問題があるのではないかと問題視されました。番組でこれから立ち上げる『王国』においても、動物の面倒を見るのはスタッフ任せになるのではないかとか、売れない芸人らを使って世話をさせるのだろうとささやかれています」(芸能関係者)

 畑氏からは、動物を飼育することの大変さがわかっていないと、こっぴどく説教された坂上。果たして、その言葉は響いているのだろうか? 命を預かる責任は重い。

最終更新:2018/10/19 06:00
こんな記事も読まれています

坂上忍『どうぶつ王国』は大丈夫? 多忙極め、飼育は「どうせスタッフ任せだろう」の声のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

錦戸亮の電撃退所でジャニタレ大量離脱危機!

かねてから退所がウワサされていた錦戸。中居、長瀬がこれに続く!?
写真
人気連載

本場フィンランドの新しいサウナ道

かつてないサウナブームの中、サウナ道こと“サ...…
写真
インタビュー

30代サブカル男に父性は芽生える?

 イクメンという言葉はもはや陳腐化し、男性が育児参加するのは当たり前という風潮が高ま...
写真