日刊サイゾー トップ > 芸能  > 新潮、ジャニーズ忖度はどうする!?

ジャニーズへの“忖度”どうする!? 「週刊新潮」を悩ませる“カレンダー利権獲得”問題

 ジャニーズ事務所の人気グループ「King & Prince(以下キンプリ)」の来年度のカレンダーが、「週刊新潮」の発行元である新潮社から発売されることを、「週刊文春」(文藝春秋/10月25日号)が報じた。

「週刊新潮」には9月末、年内いっぱいで芸能活動から身を引き、今後は同事務所のタレント育成やプロデュース業などに専念することを発表した滝沢秀明のインタビュー記事が掲載されたが、「文春」によると、そのインタビューが布石だった模様。

 カレンダーの契約がまとまったのは、滝沢のインタビュー掲載号の発売直後。新潮社がキンプリメンバーのファン層にあたる、ローティーン向けのファッション誌「nicola(ニコラ)」などを発行していることから選ばれたというのだ。

「このところ、ジャニーズは『文春』にスキャンダルを抜かれっぱなし。そのため、苦肉の策として、新潮社とタッグを組み、今後、『文春』で報じられたスキャンダルへの反論をする媒体にしようとしているようだ」(週刊誌記者)

 ちなみに、今年度のカレンダーを確認すると、Hey! Say! JUMPが「女性セブン」「週刊ポスト」を発行する小学館、Kis-My-Ft2が「フライデー」「週刊現代」を発行する講談社、Sexy Zoneが「フラッシュ」「女性自身」を発行する光文社に割り振られている。

 とはいえ、いずれの出版社も自社媒体にジャニーズタレントのスキャンダルを掲載することもあるだけに、「週刊新潮」編集部としてもジャニーズとの距離感をつかみかねているというのだ。

「急にジャニーズのスキャンダルが誌面から消えてしまったら、同業他社から『カレンダー利権に屈した』と思われることは確実。それだけに、編集部内では『ある程度スキャンダルはやるべき』という声が強いようだ」(出版業界関係者)

 SMAP騒動以降、ジャニーズにかつてない“逆風”が吹いているだけに、メディアを屈服させるのはそう簡単ではないようだ。

最終更新:2018/10/24 23:00
こんな記事も読まれています

ジャニーズへの“忖度”どうする!? 「週刊新潮」を悩ませる“カレンダー利権獲得”問題のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

岡村がビビる松本をイジる若手

テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週(...…
写真
インタビュー

原田龍二、なぜ裸のおじさんに?

 数多くのTVドラマやVシネ作品に出演する、俳優・原田龍二。芸歴26年を数えるベテラ...
写真