日刊サイゾー トップ > 芸能  > 上沼恵美子の“迷惑な楽屋裏”

「歌手はアホばっかり」発言が話題の上沼恵美子、やりたい放題が目にあまる“迷惑な楽屋裏”

上沼恵美子 スーパー・ベストより

 “関西の女帝”上沼恵美子の発言が話題になっている。

「今の人じゃないですよ。昔の(作詞作曲はしない)歌だけを歌っていた人、アホばっかり」

 10月19日に関西テレビにて放送された『怪傑えみちゃんねる』で、そう暴言を吐いたのだ。

「ナイツの塙宣之が、『ネタ番組でやると、次の番組ではやってない新ネタくださいって言われる。歌手みたいに、この曲やってくださいとはならない』と話したことを受けてのコメントでしたが、あまりの暴論に、ゲスト出演していた宇崎竜童も顔を引きつらせるばかりでした」(テレビ雑誌記者)

 上沼のこうした発言は今に始まったことではなく、芸風といえばそれまで。このときも、スタジオは一応、笑いに包まれていたが……。

「これまでは関西ローカルの番組だから言いたい放題でいられたものの、このネット時代にはローカル番組での発言も、瞬時に拡散されてしまいます。時代の風を読み違えると大変な炎上騒ぎになりかねないだけに、最近は、周囲もヒヤヒヤしていますが、下手にツッコミを入れて上沼を刺激してもいけないし、共演者もスタッフも選択肢は“笑う”しかないのが現実です」(関西お笑い関係者)

 もっとも困らされているのは、若手芸人だろう。

「昨年の『M-1グランプリ』では審査員を務めましたが、そうでなくても、上沼は全国的なお笑いコンテストの控室に上沼の番組スタッフを待機させて連絡を取り合い、優勝コンビや話題をさらったコンビに、その場でオファーをかけさせて自分の番組に出演させるんです。若手は、その場では大喜びしますが、同時にスタッフから、呼ばれた際の上沼へのあいさつの仕方やタイミング、番組での振る舞いから、手土産を持ってくるようにというレクチャーが入ります。とくに芸人たちを悩ませるのは、手土産。大阪の主要駅や百貨店の店や商品については、すべてを把握している上沼は、いかにも“着いてからそこで買ってきました”みたいな手土産にはいい顔をしませんから、選び方が非常に難しいんです。手土産選びを嫁に任せたところ、嫁も悩みに悩んでしまい、夫婦関係が険悪になったという芸人もいますからね」(同)

 もう、“老害”としか言葉が出てこない……。

最終更新:2018/10/29 13:00

「歌手はアホばっかり」発言が話題の上沼恵美子、やりたい放題が目にあまる“迷惑な楽屋裏”のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

吉岡里帆『時効警察』で再評価

 今クールの連続ドラマが次々と最終回を迎えて...…
写真
インタビュー

姫乃たま×河崎実対談!! ファンも絶句した『シャノワールの復讐』の衝撃

 棒のように生きる男の生き様を描いた『棒の哀しみ』(94)という、神代辰巳監督の晩年...
写真