日刊サイゾー トップ > 芸能  > 市原隼人の“喧嘩仲裁”エピソードに賛否の声
市原隼人が一般人の喧嘩を仲裁!?

市原隼人が警察に代わってケンカを仲裁!? プールでの“男前エピソード”に賛否の声

市原隼人 インスタグラム(@hayato_ichihara)より

 10月26日放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)に市原隼人が出演。男前エピソードを披露したのだが、彼の行動に賛否の声が上がっている。

 この日披露されたのは、市原が地元のプールに行った時のエピソード。プールサイドに行った市原は急に女性から手を引っ張られ、「助けてください」「プールの中で痴漢があったんです」「彼氏がすごく怒ってるんです」と言われたそうだ。

 実際に現場を見に行くと彼氏は年配の男性と口論しており、警察の人も4~5人出動していてかなりの大ごとに。するとそれを見た市原は、警察に「この喧嘩、僕に預けてもらっていいですか?」と名乗り出た。仲裁役として2人の男性の間に入り、喧嘩を止めただけでなく彼らを“蕎麦屋”に連れていったという。

「この男前エピソードには、松本人志も『国家権力! 国家権力を奪うの?』『何言ってんの? 怖い怖い怖い』とドン引き。視聴者からは『本当に痴漢してたら性犯罪者を庇ったことになるんだけど……』『そこは警察に任せようよ』『さすがに非常識すぎる』といった冷静な意見も寄せられています。しかし“やたら熱すぎる”のが市原の持ち味。容疑をかけられていた男性が故意じゃなかった可能性もあり、『こういう行動力は素直に評価したい』『市原隼人は面白いからこのままでいいよ』といった声も少なくありません。ちなみに市原はこの日の放送内で、胸ぐらを掴む演技を本気で再現し浜田雅功の服を破いていました」(芸能ライター)

 とにかく“一直線”なことで知られる市原。そんな彼の“男前伝説”は枚挙にいとまがない。

「以前放送された『解決! ナイナイアンサー』(日本テレビ系)では、妻の向山志穂が『(市原は)役のまま帰ってくる』と告白。撮影が終わっても役が抜けきらないため、武士の格好をして帰宅したこともあったそうです。また“ファン思い”の俳優としても知られており、スーパーでファンと1時間近く話し込んでいたというエピソードも。プールでの喧嘩仲裁も『助けてください』と言われ、いても立ってもいられなかったのでしょう」(同)

 時には“やりすぎ”と引かれてしまうこともある、市原の男前エピソード。とはいえ彼のような正義感溢れる男は、現代社会においてかなり得難いキャラクターなのではないだろうか。

最終更新:2018/10/29 15:30
こんな記事も読まれています

市原隼人が警察に代わってケンカを仲裁!? プールでの“男前エピソード”に賛否の声のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

石田ゆり子、本当は気が強い!?

「奇跡の50歳」といわれる若さと美貌で大人気...…
写真
インタビュー

レイプ殺人や自殺が相次ぐ地域って!?

 人間が住むべきではない土地がある。そんな土地に人間を強制移住させたら、どんなことが...
写真