日刊サイゾー トップ > 社会  > 豊洲市場「生臭すぎる…」

「従業員が生臭すぎる……」豊洲市場に近隣住民から苦言、東京五輪への影響も?

東京都中央卸売市場 公式サイトより

 すったもんだの末、築地市場が豊洲に移転して1カ月足らず。開場当初、近隣住民から苦情も上がっていた市場関係車両による慢性的な渋滞は緩和傾向にあるとされている。その一方で、今度は豊洲市場が公共交通機関に与える影響に、一部周辺住民から不満の声が上がっている。

 豊洲市場からもほど近い、有明のタワーマンションに暮らす30代の主婦はこう話す。

「平日の昼過ぎくらいにゆりかもめに乗っていると、魚のうろこや血が付いたようなゴム長靴を履いた市場関係者が、市場前駅から乗り込んでくる。運悪く同じ車両に乗り合わせると、これが魚臭くてしょうがない。ゆりかもめの利用者の間では有名な話です。同じマンションに住む妊娠中の女性は、つわりがひどくなるので、乗車を避けているそうです。そのため、『市場が魚臭いのは仕方ないにしても、作業着や長靴を履き替えるくらいの配慮はしてほしい』と、市場に要望を伝えたところです。私たちが住みたいのは潮風が薫るウォーターフロントであって、生臭い魚河岸の街ではないんですよ」

 付近の分譲マンションの住人らが集うネット掲示板などでも、市場開場後に、周辺で魚臭さが漂うようになったことを指摘する書き込みが確認できる。開場前には、豊洲移転を歓迎する声が多数だったのとは対照的だ。

 時事問題に詳しいフリーライターの奥窪優木氏も「確かに車両内で、魚市場特有の臭いを感じたことがある」としたうえで、東京五輪への影響について、こう指摘する

「個人的にはそれも情緒のひとつだと思いますが、多くの外国人は日本人よりも魚の生臭さにずっと敏感です。ゆりかもめ沿線には、トライアスロンやビーチバレーの競技会場となるお台場や、メインプレスセンターが置かれる東京国際展示場などがあり、五輪開催期間には多くの外国人がゆりかもめを利用することになる。魚の臭いが苦手な一部の外国人に、ネガティブなイメージを持たれてしまう可能性はあるでしょうね」

 かつては築地周辺でも魚の臭いは盛大に漂っていたはずである。ただ、戦前からの歴史ある築地市場に対し、「魚臭い」と苦言を呈する近隣住民はまれだっただろう。しかし豊洲市場はまだまだ新参者。周囲に対するそれなりの配慮も必要かもしれない。

最終更新:2018/10/30 15:09
こんな記事も読まれています
関連キーワード

「従業員が生臭すぎる……」豊洲市場に近隣住民から苦言、東京五輪への影響も?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

2019年注目すべきメジャー洋画!!

 あけましておめでとうございます。お正月休みには、たっぷり映画を楽しみたいという方が...
写真