「新築なのに糞便まみれ」「住むと白血病になる部屋」……内装工事トラブル事件簿

部屋中が糞尿まみれで、まるで“肥だめ”

 不動産価格が高止まりしている中国では、庶民にとって家を買うことは容易ではない。そんな中、苦労してようやく手に入れたマンションが、見るも無残な姿に変わり果ててしまったという悲劇が起きた。

 香港系ニュースサイト「東網」(10月26日付)などによると、江西省ヘイ郷市の劉さんは、今年2月に念願のマイホームを購入した。中国のマンションは内装が施されていない、いわゆる“スケルトン”の状態で販売されるのが一般的。そのため劉さんも、内装業者に工事を依頼した。それから数カ月がたち、工事の進捗状況を見に行くと、その変わり果てた姿に言葉を失った。玄関のドアを開けると、辺り一面が糞尿だらけだったのだ。それも尋常ではない量で、「部屋に入るのに長靴を履かなければならない」(劉さん)ほどだった。

 原因を調べたところ、トイレの下水管にレンガが詰まっていたことがわかった。それによって、排水が部屋にあふれ出してしまったのだった。そのレンガは、内装業者が便器を据え付ける際に落として詰まらせたものだった。これによる損失は、7万元(約113万円)以上になるという。業者側は、調査後に作業員に非があるとわかれば賠償するとしているが、一度糞まみれになってしまった家に、気分よく住めるはずもない……。 

 中国では、このような内装工事のトラブルが後を絶たない。それでも、目に見える被害なら、まだマシなのかもしれない。「ETtoday新聞雲」(9月18日付)などによると、同じく江西省南昌市の幼稚園では、50名もの園児が鼻血を出す事件が起きた。同園は今年春に開園したばかりで、内装に使用されたホルムアルデヒドが原因との見方が強いようだ。

 少し古い記事になるが、「東網」(2016年12月15日付)によると、同国の技術分野の最高研究機関・中国工程院の鍾南山氏が講演の中で、内装と白血病患者の相関性について発言している。中国環境保護協会の統計データによると、白血病にかかった児童の9割が、内装が豪華すぎる家に住んでいたという。中国では毎年210万人の児童が白血病で亡くなっているが、うち8割の家でホルムアルデヒドの基準値が超過していたという。また、室内環境汚染による死者は年間11万1,000人に達するという、衝撃的なデータも出ている。

 欠陥住宅は日本でもたびたび問題となっているが、中国はレベルが違いすぎるようだ。

(文=中山介石)

最終更新:2018/10/31 21:00
関連キーワード

「新築なのに糞便まみれ」「住むと白血病になる部屋」……内装工事トラブル事件簿のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

吉岡里帆『時効警察』で再評価

 今クールの連続ドラマが次々と最終回を迎えて...…
写真
インタビュー

神の沈黙を描き切った注目の新鋭監督

 神さまは本当にいるの? 人間は死んだらどうなるの? 誰しも子どもの頃に頭を悩めた問...
写真