日刊サイゾー トップ > 芸能  > 宇垣美里アナ、栗原類の二の舞に!?

宇垣美里アナ、“闇キャラ”作りすぎて栗原類の二の舞いに!? 「言わされてる感アリアリで……」

  TBSラジオ『アフター6ジャンクション』番組公式インスタグラム(@after6junction)より

 期待に応えたいのはわかるが、作りすぎるのは逆効果では?

 TBSの宇垣美里アナが10月28日の『サンデー・ジャポン』にVTR出演。番組ではローソンで発売中の「悪魔のおにぎり」を特集した流れから、宇垣アナがオリジナルメニューを披露することになった。

 スタッフから、どういう時に料理が楽しいか聞かれた宇垣アナは、「切っているとき。バラバラになる感じがいいですよね」と返答。さらに、たたききゅうりを作っている際にも「普段の生活をしていて、何かを殴ったり、叩いたりってあまり許されていないじゃないですか? でも、この料理だけは許されるっていうか」と語り、「いろんな思いをぶつけたりするんですか?」との問いには、「日頃のうっぷん、きょうロケ中に写真バシャバシャ撮られたこと。ああ、なんでやねん」と、つぶやいてみせた。

 このところ「闇キャラ」を売りにしている宇垣アナだけに、今回の発言もネットニュースで取り上げられているが、テレビ誌ライターは眉をひそめる。

「さすがに今回の発言は、明らかに演出で言わされている感アリアリでしたね。彼女は雑誌のコラムで語った、世の中の不条理を感じた時の対処方として、架空のキャラを作って逃避する『マイメロ論』が話題に。その後、番組での『殺意案件』や『私には私の地獄がある』といった独特な言い回しをしたことから『闇が深い』と言われるようになった。確かに、この頃までは素で語っている感があったのですが、闇キャラが定着してからは完全に“ネタ化”してしまい、狙いすぎていると感じた視聴者が引き始めています」

 芸能界では過去にも宇垣アナ同様、ネガティブキャラでブレークしたタレントがいた。

「ネガティブすぎるイケメンとして、一時はテレビに引っ張りだこだったモデルの栗原類です。イケメンなのに極度のネクラという珍しさが面白がられたものの、飽きられるのも早かった。キャラ設定は頼りすぎると、逆に人気が落ちるのを早める可能性もある諸刃の剣です」(バラエティ番組スタッフ)

 宇垣アナにはイロモノ扱いではなく、アナウンス力や仕切りのうまさなど、女子アナとしての“本業”で注目されるようになってほしいものだ。

最終更新:2018/11/01 06:00
こんな記事も読まれています

宇垣美里アナ、“闇キャラ”作りすぎて栗原類の二の舞いに!? 「言わされてる感アリアリで……」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

エルトン・ジョン自伝映画

 人気ロックスター、エルトン・ジョンの半生を...…
写真
インタビュー

東京五輪ボラ問題、なぜ報じない?

 東京五輪・パラリンピックの開催まで、あと2年を切った。56年ぶり2度目の開催にマス...
写真